« カウンターでも侮れない! | トップページ | ♪うなぎの井口 »

2010年5月20日

思わぬトラブル

15日に引き続き、翌16日も我が中学バスケットチームは練習試合を行なう事が出来ました。今度は区部に出向いての練習試合です。

これは定期的にお願いをしているB京区のM台中でやらせてもらったのですが、今回は同校以外にI橋区のK賀中も加わって、3校男女での試合となりました。

練習課題は前日同様ディフェンスからの速攻を出す事と、ゲームコントロールを意識したセットオフェンスの練習でした。

最初に対戦したのはK賀中でした。ここはセンタープレイヤー2人の体格が良く、特に5番センターはただ大きいだけではなくゴール下を確実に決めてきます。

こちらは高さではなかなか対抗出来ませんが、チームの課題であるディフェンスと、エースフォワード田辺と上田のスピードで対抗しました。

試合の内容としては一進一退で悪くは無かったのですが、エース田辺が速攻からドライブに持ち込んだ時に膝を捻ってしまいコートに倒れてしまいます。

特に相手との接触があった様にも見えなかったので大事には至らないと思っていましたが、冷やしてから改めてコートに立たせても走る事は出来ませんでした。

思わぬトラブルにベンチも焦りを隠せませんでしたが、そうなったら今度はエース抜きの状態でのチーム強化に頭を切り替えていくしかありません。

田辺がベンチに下がってからは上田がこれまでに無い頑張りを見せました。そして渡瀬姉妹や朝井などセンター陣も頑張りを見せてチームに強化に貢献しました。

ただ、ボール運びと言う点では高沢や長島らガード陣にとっては大きな試練だった様です。これまで苦しい時間帯はエース田辺の中盤突破で凌いでいたところが大きく、今回は田辺に代わって上田が孤軍奮闘するも課題のゲームコントロールは出来ませんでした。

またリザーブを含め、チームとして「戦う姿勢」を見せる事は出来ましたが、エース抜きで「試合に勝つ」というところには至らずこの日の練習試合は終了しました。

来週末は運動会がある関係で殆どまともな練習が出来ません。この運動会迄に田辺の膝が良くなってくれればいいのですが、彼女の怪我の状態も気になるところです。

※個人名は変えてあります

|

« カウンターでも侮れない! | トップページ | ♪うなぎの井口 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カウンターでも侮れない! | トップページ | ♪うなぎの井口 »