« 大学バスケトーナメント戦 | トップページ | ♪近江町市場の山さん寿司 »

2010年5月14日

金沢市立 安江金箔工芸館

P1000236
今回の金沢行き
陸上観戦後、帰りの便まで 時間があって、JR金沢駅から徒歩圏内の 安江金箔工芸館に立ち寄ってみた。

この工芸館、金沢一と言われた金箔打ち立て師 故安江孝明氏が、私財を投じて設立し、その後金沢市に寄贈された。
金箔製造道具と、金箔を使った美術工芸品を一般に公開した博物館です。

金沢駅の西口側で、回りに観光施設もなくちょっと探し辛かったが、こじんまりとした年季の入った施設である。


金沢市の施設なので、 入場料300円 (茶・干菓子付き)と良心的な上、JAFの会員証を提示すればさらに50円引きとなる。

常駐スタッフの方が金箔とその製造過程について説明してくれる

何よりうれしかったのは、熟練の技による箔移しの実演コーナーで、その繊細な技術を間近で見られる。

金箔を統一した大きさに切り揃え、1枚ずつ 紙の間に納めていく様子はTV等で何度か見た事があるが、実際にその作業をみると、その軽やかな動作と微妙な息づかいに感動すら覚える
一瞬 ”くしゃ”っとなった 金箔が ふゎっと息をかけると 不思議と綺麗に形が整うのである。

実演の最中に 記念に金箔をいただいた。

というのも、この工芸館、今年の7月から移転のため休館が予定されている。
移転後は 箔移しの実演はなくなるそうで、金箔は今回の来館が最後かもしれないからその記念にと。
残念な事だ。

思いつきでフラッと立ち寄った 金箔工芸館であったが、とても満足した。
なかなか触れることのない内容なので、時間があれば 立ち寄られることをお勧めする
(できれば 今夏の移転前に。。。)

金沢市立 安江金箔工芸館
金沢市北安江1-5-10
076-233-1502
9:30-17:00
展示の入替で休館あり

P1000234
入場料に含まれる お茶+菓子
お茶には金箔入り、瓦せんべいにも ”箔”の一文字
箔移しの作業を見た後 感激な気持ちでいただいた。

今回の金沢旅行関連記事
金沢といえば…
加賀棒茶 と 森八茶寮
#GW スポーツ観戦 in 金沢 ①
#GW スポーツ観戦 in 金沢 ②
金沢市立 安江金箔工芸館
♪近江町市場の山さん寿司
カウンターでも侮れない!

|

« 大学バスケトーナメント戦 | トップページ | ♪近江町市場の山さん寿司 »

あしあと@北信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大学バスケトーナメント戦 | トップページ | ♪近江町市場の山さん寿司 »