« 試合内容の反省 | トップページ | モアナコーストで別世界気分 »

2010年6月24日

楽しみ!♪ ドリームズオンアイス

今週末 横浜で アイスショー ドリームズオンアイス(DOI)が開催されます。
開催日 約1週間前になって ついに髙橋大輔選手の出演も決まりました!!!♪
もう、楽しみで仕方ありません。

フィギュアスケート選手の多くが海外で新しいプログラムに取り組んでいるこの時期
昨年のように、スケジュール調整がつかなくて出演できない選手がいることも覚悟で 私は早々にチケットを入手していました。
なぜなら、出演選手が 今季のプログラム(多くはエキシビションプロですが)を国内アイスショーでは一番早く披露してくれるからです。

チケット購入時には”日本代表選手”としか発表されていなかった出演者。
五輪出場選手のうち 安藤選手、鈴木選手の出演はすぐに発表、
その後、5月下旬に 浅田選手、小塚選手の出演が決定。

私的には この顔ぶれでも十分うれしい。
コーチを変えカナダで心機一転の織田選手や スイスでランビエール元選手と新プログラムに取り組んでいるという 髙橋選手の出演がないことも仕方ないなぁ〜と諦めていました。

なので、この時期に 髙橋選手出演のニュースは 本当にうれしい サプライズ♪

さらに 五輪後プロに転向、髙橋選手がSPの振付けを依頼した ランビエールも 出演が決まりました。

フィギュアスケートのウォッチャー(正式報道ではないのでこの様に書きます)によれば、髙橋選手とランビエールのプログラム作りは順調に行って、2作目(SPとEX)にも取りかかったとか。。。
まだ、プログラムの詳細が発表されていないのですが、聞こえてくる噂だけでも 非常に期待感が高まります。

スイスで練習中の二人へのインタビュー記事(英語)によると、髙橋選手は スピンの名手 ランビエールにしっかりとスピンのコツも教えてもらっていた様です。
インタビューからは充実した時間を共有したことがうかがえます。
この二人がどんな演技を見せてくれるか、、凄く楽しみです。

浅田真央選手のプログラムも注目です。
オリンピックシーズンとは違う印象の曲にチャレンジしたいと言っていた 浅田選手は、先日カナダからの帰国会見で 今年のプログラムを発表しています。

注目のフリーは 昨シーズンも候補に上がったという リストの 『愛の夢』
振付けは タラソワではなく ローリー・ニコル。
以前にも名プログラムを作ってくれた ニコルが タラソワの元で成長した 大人の真央をどう味付けしてくれるのか、、、楽しみです。
SP(シュニトケ作 タンゴ)とEX(ショパン作 バラード)は 前シーズン同様タラソワ振付け
DOIでは EXかな?SPかな???

6月上旬には 今シーズンのグランプリシリーズの出場大会&選手が発表されました
ISUのサイト

今年は 日本の NHK杯から グランプリシリーズが始まります。
(敬称略、日本選手のみ、女子、男子の順)

10/22-24 NHK杯  浅田真央、村上佳菜子、髙橋大輔、無良崇人、羽生結弦
10/29-31 カナダ  村主章枝、今井遙、織田信成、南里康晴
11/5-7  中国   安藤美姫、鈴木明子、小塚嵩彦、町田樹
11-12-14 USA   村上佳菜子、髙橋大輔、織田信成、村上大輔
11/19-21 ロシア  安藤美姫、鈴木明子、町田樹、羽生結弦
11/26-28 仏    浅田真央、村主章枝、今井遙、小塚嵩彦

DOI後 7月には東京、名古屋、新潟、金沢等でアイスショーが予定されています
リンク上での衣装や観客の反応等も含め、アイスショーを経てプログラムはどんどんブラッシュアップされていきます。

大きなルール変更のあった今季、プログラムにどう影響してくるのか気になります。
もちろん 今年も日本選手を全力で応援ですが。
特に ジュニアから シニアに転向した 村上、羽生選手には良いシーズンを過ごしてほしいものです。

DOIの模様は フジテレビで 27日午後1時に放映されます。

|

« 試合内容の反省 | トップページ | モアナコーストで別世界気分 »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 試合内容の反省 | トップページ | モアナコーストで別世界気分 »