« 都大会1回戦観戦 | トップページ | #陸上 第13回世界ジュニア選手権 »

2010年7月28日

10沖縄♪ ぬちうなー

Dsc_9283

うるま市の東側にある 海中道路はガイドブックにもよく登場する橋&道路なのですが、この橋を渡った先に平安座島、宮城島、伊計島とあります。

伊計ビーチは美しいビーチですが、途中の平安座島と宮城島は 石油関連の建物以外は手つかずの自然すぎて何度も足を運ぶにはちょっと面白味が少ないエリアだと思っていました。

宮城島に 2007年 ぬちうなー という観光製塩ファクトリーがオープンしたので、行ってみました。

ぬちうなーは 沖縄言葉で 命(ぬち)の庭(うなー)だそうで、この施設は 株式会社 ぬちまーすが運営しています。

ぬちまーすは やはり沖縄言葉で 命(ぬち)の塩(まーす)
ちょっと変わった製法で塩を作っている会社です。

簡単に言えば、塩分を含んだ蒸気を起こし、そこに熱風をかけて塩を取り出す方法
その製造過程をこちらで見学できる
Dsc_9290


Dsc_9291

大きな部屋を密室にしていて、取り出された塩は 粉砂糖のように柔らかく軽い
扇風機のようなもので風を送るが 反対面では ネットが何層にも垂れ下がっていて、塩をキャッチ

出来上がった塩は ”ぬちまーす”という商品名で マスコミでも幾度か取上げられている。
多くの賞を受賞している独特の製造法のため、他の塩に比べてミネラルを多く含み塩分も控え目(同じ塩味を感じるのに)
多く含まれるミネラルによって 過剰に摂取された塩は対外に排出されやすくなる、、、という研究結果もあるそうです。

ぬちうなー内にはレストランたかはなりがあり、ぬちまーすを使った食事/スウィーツをいただくことができる。

Dsc_9285
島豚カレー (1300円)


Dsc_9286県産豚のロースグリル(1900円)

いずれもデザートとドリンクがついてきます。
メニューの種類はさほど多くありません。
ご飯は ぬちまーすを入れて炊いてあります。
お値段相応のボリュームとおいしさでした。

レストランスペースに隣接して ショップがあるため 混雑時はザワツキ感が気になるかもしれませんが、基本静か〜に時が流れる施設です。

|

« 都大会1回戦観戦 | トップページ | #陸上 第13回世界ジュニア選手権 »

あしあと@沖縄♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 都大会1回戦観戦 | トップページ | #陸上 第13回世界ジュニア選手権 »