« KABAB HOUSEの平日ランチ | トップページ | 数字で反省 »

2010年7月 4日

高速道路を走ってみた

先日施行された高速道路の一部無料化。

この週末は無料化になってからの最初の週末と言うことで、ニュースでもどのくらいの混雑があったのかを放送していた。

私が住んでいる湘南エリアでは「新湘南バイパス」「西湘バイパス」「箱根新道」あたりが近いもので、紫陽花の季節でもあるので箱根に向かいながら道路状況をみてみた。

※活動開始時刻としてはAM9時頃です。

コースとしては、最初に「新湘南バイパス」で藤沢~茅ヶ崎海岸を走った。

混んでいます。混んでいます。いつもの倍近くの車が走っていたように感じました。

これは交通量も増えていることが原因と言えますが、ゲート進入に問題があるように感じました。

もともと今回無料化について、ETC搭載車両はこれまで通りETCゲートをくぐればOKで、それ以外の車両(ETC無搭載)はゲートで入場券の配布で交通量を調べると、どこかネットの記事に出ていたことを記憶していました。

しかし、今回我々が走ったルートでは少し状況が違っていました。

具体的には、ETCゲートについてはこれまで通りゲート付近で20km程度に減速し、ゲートオープンで進行。しかしETCではないゲートでは殆ど減速もさせないで、そのままスルーさせていました。

よって、ETCゲートから本線に合流する時にスピードに乗った車が飛び込んでくる訳ですから、怖いこと怖いこと!

「西湘バイパス」では大磯~箱根口まで走りました。

ここでもやはり交通量は多く、サンデードライバーと思われる様な人たちがキョロキョロしながら運転していました。

箱根口からは紫陽花のある太平台付近まで国道1号線を利用。この時点で10時前後でしたが、上下線共に車が多く、かなりのノロノロ走行でした。交通量が増えた影響だと思います。

紫陽花を見た後、大平台からは芦ノ湖まで進み、大勢の観光客を横目に「箱根新道」へ向かう。

「箱根新道」では箱根峠~山崎(出口)までを走行。ここでは下るだけなので快適(危険ですが)でした。

しかし、反対車線は大渋滞!?大型トラックがかなり多く目に付いたのですが、当然この様な車両が山道をすいすい走れる訳が無く、更には無料化から交通量が増えたことにより大渋滞を引き起こしていました。

今回の無料化により「ドライブに行くかぁ~」という気持ちになった人が多いと思いますが、ゲート通過に関わる安全性には問題があると思うし、これまで混まなかった道路の渋滞化(特に対象路線付近の出入り口付近における一般道路の交差点等)問題は多いかと思います。

事故の無い、快適な時間を過ごす為に、今後も国土交通省の検討をお願いしたいと思います。

|

« KABAB HOUSEの平日ランチ | トップページ | 数字で反省 »

ガールのぼやき、兄貴の嘆き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« KABAB HOUSEの平日ランチ | トップページ | 数字で反省 »