« やっぱり美しい瀬底ビーチ | トップページ | 地元のメロンを食す! »

2010年7月16日

高校女子サッカー観戦

「コーチ、今度私の出る試合を観に来て下さい!」

話は少し遡るが、中学3年チームが最後の調整練習を始めた頃、高校2年生になった海野が練習に参加してくれた時にそう言ってくれた。

我が中学バスケチームのOGであり、エースフォワードとして活躍した海野。高校でもバスケットで大暴れすると思っていたが、彼女が暴れたいフィールドはバスケットコートでは狭過ぎたらしく、高校の先輩とサッカー部を新たに立ち上げ、そこで暴れることになった。

有言実行で、前向き思考の海野はバスケット以外でも活躍出来る身体能力を持っていたが、高校女子のサッカー界について私は全くの素人であり、そこで彼女がどう活躍しているのか想像もつかなかった。

世間ではワールドカップが放送され、日本代表だけでなく、世界のトップクラスの技術や勝利への執念を見て、毎日ハラハラしていたころでした。

サッカーは体育の授業程度しか経験の無い私でも、テレビを見ながら各国代表チームの技術を見る事で、ボール運びや足さばきの技術が「こんな感じ」という表面的なイメージの刷り込みをしていた。ただ、これは勝手に自分の中で「世界基準」を作って、サッカーを理解したと勘違いしていただけの話である。

ワールドカップは世界トップレベルの戦いであり、バスケットで言うならばNBAのプレイを見て、これを日本の中高生に実践出来るか?と勘違いするようなものでした。

そんな頭でこの試合を観たものだから、最初は「これは…!?」と考えてしまいましたが、落ち着いてこれを見れば、純粋にサッカーを打ち込む一般高校生の部活動なのです。そんな高いレベルの試合の訳ありません。

しかしながら、ここでもエースフォワードとして海野は活躍しており、この試合でも4得点を海野がねじ込み、見事試合に勝利した。

もっと海野にボールが渡ったら、更に得点出来たかもしれませんが、違う相手でも同じ様に活躍出来るか見てみたいと思いました。

またこの会場に、今年中学を卒業した男子チームのガードをしていた宮田のご両親が来ていた。宮田のお姉さんが海野と同じチームのディフェンダーとして頑張っていた様だ。弟もことしお姉さんと同じ高校に入学。彼はバスケット部に入部したみたいだが、是非姉弟で頑張って欲しいと思う。

色々思うところはありますが、このチームは代が切り変わったばかりの新チームです。これからの成長に期待し、また機会があれば観に行きたいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« やっぱり美しい瀬底ビーチ | トップページ | 地元のメロンを食す! »

#スポーツ観戦席での独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっぱり美しい瀬底ビーチ | トップページ | 地元のメロンを食す! »