« 10沖縄♪ 4時からチケット@美ら海水族館  | トップページ | 10沖縄♪ ぬちうなー »

2010年7月27日

都大会1回戦観戦

いよいよ東京の中学バスケも26日から都大会が始まりました。

現在中学バスケチームとは距離を置いた私ですが、これまで切磋琢磨したチームの動向は気になるところ。

特に中学チームではライバルであり、大学チームでは私が関係しているT川学園(以下TG)については頑張ってもらいたい。

結局市内では敵無しの1年間でしたが、都大会での勝利は未だ無く、なんとかして勝利を掴みたいところ。

早速この1回戦を応援兼ねて観に行ってきました。

TGのスタートはいつもの#4・#5・#6・#7・#8。ディフェンスはめずらしくプレスからの立ち上がりで、ここからの速攻でミドルシュートがよく決まり流れを掴む。

1ピリは25-9でTGリード。対戦相手のM宿中ベンチでは先生からの激が入る。ここまで練習してきたことが上手く表現出来ない様だ。

2ピリ、TGのディフェンスはマンツーマン。ガードポジションにて#9・#10・#13を起こしから投入。しかしメンバーが代わっても流れは変わらず、依然TGの攻勢が続く。

ここでは#13の機動力を生かしたドライブやエースセンター#8のゴール下がきっちり決まる。前半を終わって41-19でTGリード。

後半3ピリ、TGはいつものスタメンに戻し、序盤から#6のミドルが連続して決まる。粘りたいM宿中だがマンツーマンのプレッシャーが甘く、TGにパスで崩される。

45-21でTGタイムアウト。タイムアウト明けからM宿中は2-2-1プレスで反撃。これで流れが変わるかと思われたが、TGは#6に代えて機動力のある#13を投入。持ち前の運動能力で得点し、簡単に流れを変えさせません。

それでも意地を見せたいM宿中は3Pを決めてついていくが、3ピリを終えて55-35でTGリードは変わらない。

4ピリは#4・#5・#6・#9・#13でスタート。立ち上がり#9が1対1でシュートをねじ込み流れを繋ぐ。

勝利を諦めないM宿中は2-2-1プレスで粘る。しかしTGはパスを使いプレスをかわし、中盤を突破した#6が連続してシュートをねじ込む。

67-42でM宿中がタイムアウトを要求。ベンチでは「勝っている相手の方が走っているじゃないか!走れ!!」と下を向きそうな選手達に喝を入れる。

TGはどんどんメンバーを代える。M宿中は当然プレッシャーを高めて反撃するが、なかなか思う様に点差が詰まらない。

しかし20点強あった点差が徐々に詰まって来て、一桁に入ろうとしても選手交代は止まらない。応援席にいる父兄達もそわそわしてきたみたいだが、TGベンチとしてはリザーブメンバー全員を都大会のコートに立たせたい様だ。

でもリザーブとはいえ練習を積んだメンバー(3年生)は意地を見せて、最終スコア69-60でTGが勝利した。

TG顧問のK先生は私の後輩である。みんな先輩(私)を凄い勢いで追い抜いて行くが、今回の勝利はさすがに嬉しかった様である。是非2回戦も頑張って勝利して欲しいです。

|

« 10沖縄♪ 4時からチケット@美ら海水族館  | トップページ | 10沖縄♪ ぬちうなー »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10沖縄♪ 4時からチケット@美ら海水族館  | トップページ | 10沖縄♪ ぬちうなー »