« 10沖縄♪ ぬちうなー | トップページ | セダンのSTIもいいねぇ〜 »

2010年7月29日

#陸上 第13回世界ジュニア選手権

25日に閉幕した 今年の世界ジュニア選手権(2年毎に開催)
金メダル1個を含む5個のメダル(過去最多タイ)と16人の入賞という結果を出した日本チーム
選手の皆様 お疲れ様でした。

前回のポーランド大会のメダル0、入賞6という悔しい結果を見事リベンジしてくれました。

過去最多タイのメダル数ですが、中身が違う (日本陸連の資料
1994年のリスボン大会は 金1(女競歩)、銀1(男1万M)、銅3
今回は 金1(男200m)、銀2(男400H、男槍投げ)、銅2

特に中大ルーキーの 飯塚翔太選手の金メダルは 素晴しい快挙です。

世界の舞台の短距離種目で、日本初(そしてアジア初)の金メダルです。

今季ジュニアで最速タイム(20.58)の持ちタイムでエントリーした飯塚選手
決勝も飯塚選手らしいレース運びで、持ち味の後半の伸びを見せてくれました。
大会公式HPの記事

タイムこそ自己ベストではありませんでしたが、 日本陸上界の新たな1ページとなる優勝といっても過言ではないと思います。
『強豪選手が揃っていなかった』などとケチをつける輩もいるようですが、世界大会での金ですよ!!!
本当に おめでとう。
1年前のインターハイ優勝インタビューの初々しさが懐かしい。
あの時は ”ようやく大きな大会にも慣れて来て実力を出せる様になった”と答えていたんでしたっけ。

記憶に新しい関カレの大活躍
”1年からこんなに活躍しちゃっていいのかな、、、と思うくらいの出来で、、、”とインタビューに答えていましたが、良いじゃないですか!
どんどん 活躍してもらいましょう!

この日(大会5日目、7月25日)は 日本チームのメダルラッシュデー

昨年のインターハイ、国体の覇者、400Hの阿部選手が 自己記録を0.6秒近く更新する 49秒46という素晴しいタイムで銀メダルです。
それも 1位のトリニーダドトバコのゴードン選手に0.16秒に迫る追い上げをみせて。。。
ゴードン選手は昨年の世界陸上で4位に入るほどの実力者で、今回のエントリーの中でも 一人だけ別次元のベストタイム(48秒26、他選手に2秒ほど離す)を持つ選手です。 
現地レポも阿部選手の9番目の障害で接触がなかったら、、、と阿部選手の追い上げを評しています。

目標は 世界征服という 早大の大物ルーキー ディーン元気選手も 自己ベスト(76M44)を出して槍投げで銀メダルを獲得しました。
大きな大会、それも決勝で PBを叩き出す力量は見事ですね。

走高跳びの戸邊選手、SBの2M21で銅メダル
試技数差での銅メダル獲得でした。
2度目の世界ジュニアでメダル獲得を喜ぶ反面、自己ベストを次の試合(9月の全カレ)で目指すと力強く語ってくれています。

このメダルラッシュの2日前に 女子競歩で 岡田久美子選手が銅メダルを獲得しています。

短距離では 女子200Mで中京大の市川華菜選手がファイナリストに(8位)
男子110Hで 矢澤選手が7位、女子400Hで三木選手がジュニア日本新で4位 とこちらも全カレでの活躍が今から楽しみです。

メダルが期待された 男子のリレー
4x100が4位、4x400が5位
表彰台は逃したものの、ジャマイカの選手を追い抜く場面もあり、なんとも不思議な気持ちで見ていました。
シニアでの力差はどこで生じてしまうのかと。。。

最後に 長距離種目
女子5000Mで鈴木選手 5位、伊澤選手 8位
男子10000Mは 大迫選手 8位(29分40秒27)、志方選手 9位 (29分47秒99)
男子5000Mは 西池選手7位(13分54秒44)、村澤選手8位 (13分59秒73)
メダルこそないものの、アフリカ勢参戦の中健闘しました。
公式サイトのスプリットがでています。

10000Mでは 大迫選手が6000-7000を3分05秒99と落ち、一時は志方選手の後ろに回ったのですが、残り最後で挽回。
志方選手は 8000-9000で 3分06秒05と ここが悔やまれる。
でも 二人共最後1kmを2分52秒台で1つ順位を上げてフィニッシュ

男子5000Mでは3000Mまで 村澤/西池領選手は並走
4000Mで西池選手が若干遅れますが、最後の1kmで追い上げ、最終周で西池選手が先着。
W入賞を狙った走りだったのでしょうか?
コメントが知りたいですね。

6位までがアフリカ勢で 西池選手は6位と0.1秒差と大健闘しました。
村澤選手の1km毎のラップ (2分43秒44、43秒51、49秒64、53秒75、49秒39)
二人の最後の200毎のラップ
西池選手 4400m 34秒19 - 34秒62 - 31秒44 - 5000M 28秒80
村澤選手 34秒14 - 34秒70 - 32秒83 - 32秒76

前大会は 後日TV放映があったのですが、今回はどうでしょうか、、、
(10.09.12 今晩深夜(13日朝にTBS系で放映です)

と、世界ジュニアの好成績の喜びに浸っていたいのですが、明日高校総体が始まります。
連戦となる 西池選手、九鬼選手、久馬選手、藤石選手、、、
上手く調整が行きます様に。
がんばれー

(高校総体のスタートリスト&リザルトページ

|

« 10沖縄♪ ぬちうなー | トップページ | セダンのSTIもいいねぇ〜 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10沖縄♪ ぬちうなー | トップページ | セダンのSTIもいいねぇ〜 »