« 1次リーグ戦初戦 | トップページ | 1次リーグ2勝目 »

2010年9月 7日

10競泳インカレ 最終日

結局 最終日も観戦にいってしまいました。
今年のインカレ(競泳)

初日の200m背で 優勝したものの やや消極的な泳ぎで心配していた 近畿大 入江陵介選手
2日目の メドレーリレーでは 予選/決勝とタイムをあげ、100mの今季ベストを出したので安心していたのですが、、、

速報サイトの100m背の予選結果 入江選手の 予選タイムは2位
予選タイム1位は 200m決勝で猛追された 中京大の白井選手

まさか 負けるとは思わないけど、
2冠3連覇のプレッシャーに、、、と 急遽予定を変更して出掛けてしまいました。

辰巳に到着したのは 決勝レースが始まって間もなく。
流石、最終日です。 
立ち見席しか チケットはなく、会場はほぼ満席
立ち見指定エリアだって 凄い人です。

さて、ちょっと不安があった男子100M背の決勝レース
入江選手は 前半からの積極的なレースで 貫禄勝ちで3年連続の2冠達成
タイムは前日のメドレーリレーより落ちてしまい、本人も ”(8月の)パンパシよりタイムがよかったり、悪かったり、、、このままでは世界と戦えない”と自分に喝を入れるようにコメント
でも、インタビュー中視線が泳いでいた パンパシよりずっと安心して聞けました。

女子100M自では 敵無しだった 上田春佳選手(日大)を押さえて 日体大 松本選手が優勝。
最後に猛追を見せた上田選手でしたが、タッチ差で及ばず。
ショックからか、悔しさからか 暫く プールから上がってこれませんでした。

女子200M平では 好調 山梨学院大の鈴木選手を押さえて、東海大 金藤選手が最後のインカレを優勝で飾る。

そして、男子200平では 絶好調 中京大 富田選手が この日も自己ベストを出して、100平との2冠
昨年の覇者 慶大 立石選手に 一度もトップを譲ること無くレースを展開。
ターン後の伸びが素晴しく、後続が追いつかせない。
今夏にフォームを改良したばかりでまだ進化中です。

最終種目の200mx4リレーを見ていたら、近畿大の第3泳者は 入江選手でした。
入江選手が自由形を泳ぐ姿が見れるのもインカレならではですね。

今回は新しく @Niftyのビデオ共有を使ってみました。(まだ機能を把握しきれず。。。)

入江選手はインカレ3日間出ずっぱり。
この日も 100背と合わせて4本泳いでいました。
お疲れ様
流石にリレーで泳いだあとは辛そうでしたね。

競泳陣は 来週は 千葉で国体
インカレ優勝者はほとんどがエントリーされています。
上手く疲れを抜いて 戦って欲しいですね。

|

« 1次リーグ戦初戦 | トップページ | 1次リーグ2勝目 »

#競泳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1次リーグ戦初戦 | トップページ | 1次リーグ2勝目 »