« #残念なDNS | トップページ | ”海ほたる”は快晴日に »

2010年9月17日

最近の警察ドラマ!

いきなりですが、私は警察ドラマが好きです(兄貴)。

警官であった父親の影響もあったと思いますが、小さい頃から「太陽にほえろ!」を見ながら興奮したものです。

しかし最近の警察ドラマは中身が濃くて面白いですねぇ〜。

人気作家である横山秀夫さんや今野敏さんの作品がTVドラマ化されていますが、これ以外のドラマでも夫婦で楽しんで観ています。

特に最近唸ってしまうのは「ドラマの進行の速さ」もさることながら、簡単に犯人が分からない様に話を捻ってあり、1時間番組(実際は50分位と思いますが)をハラハラしながらも「まだ30分!?」とか言いながら楽しんで観ることが出来ることです。

好きな番組としては「相棒」や「臨場」、また先週・今週あたりに最終回となった「科捜研の女」、「警視庁継続調査班」、そして少し前に放送していた「絶対零度〜未解決事件特命捜査〜」も面白かった。

また「ハンチョウ」や「新警視庁捜査一課9係」のスピードある展開にも毎回楽しませて頂いております。

これらが面白と思う理由に、(感心出来ないことですが)犯罪の根が深く、そしてこれが現実に起きてしまいそうな世の中であるということが、リアルに関心を持ってしまう理由だと思います。

また毎週観てしまう理由として、取り敢えず毎回…もしくは次回までに「事件が解決する」ことが嬉しいですね。

実際の現場はもっとドロドロしていて、何が解決か分からない状態だと思いますが、これはあくまでもドラマなので安心出来ます。

ただ、これ程警察ドラマに人気が出てくると、脚本を作る人も大変ですよね。限られた予算や時間で深いドラマを作らなくてはならず、しかも視聴率も上げなくてはいけない…。

しかしこの多くの警察ドラマにおける脚本は本当に優秀なんだなと思ったことがありました。

タイトルはふせますが、先日夫婦である人気女優を使ったサスペンス洋画を観に行った時に思ったことです。

確かに撮影場所やそのシーンとかステージの移動、爆破シーン、カーアクション等は「映画」だなぁ〜と思いましたが、話の流れがダラダラとしながら、ちょっと薄っぺらいと感じたことです。

本来映画における「話の展開速度」はこんなものだったのかもしれませんが、つくづく最近の警察ドラマの影響は凄いな…と感じるところでもあります。

とりあえずは、再び始まる「相棒シリーズ」に期待したいと思います。

|

« #残念なDNS | トップページ | ”海ほたる”は快晴日に »

ミーな兄貴、ハーなガール」カテゴリの記事

コメント

地底人さま、お久しぶりです。コメント有難うございます。
そうなんですか!同級生にそんな人がいるんですか!
登場人物の名前にそんな秘密があったなんて!ちょっとワクワクしますね。
是非次回からチェックしてみたいと思います!

投稿: 湘南兄貴 | 2010年9月17日 21:47

お久しぶりです。

警察ドラマというタイトルでのこのこ出てきました。

友人というか、同級生に警察ドラマを書いている脚本家がいます。H君です。

先日も、月9の対抗番組の脚本を書いていました。面白いのは、登場人物の名前が、高校の同級生の名前なんです。これは前もって教えてもらってました。ドラマそのものは見逃しましたが、月9ドラマより視聴率がよかったと喜んでました。

また、ドラマには本人も登場したということですのでビデオ撮っとけばよかったと後悔しました。(笑)

過去には、「相棒」の脚本も書いていますので、どこかの番組で登場するかもです。


誠人(まこと)・H君ですので、ごひいきに~

投稿: 地底人 | 2010年9月17日 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« #残念なDNS | トップページ | ”海ほたる”は快晴日に »