« 1次リーグ2勝目 | トップページ | 地元産を堪能 »

2010年9月 9日

新 チーム真央 始動!

ジュニアの大会はもう始まっている フィギュアスケート

NHK杯からスタートする グランプリシリーズ開幕まで 1ヶ月余り。
新しいプログラムの情報やお披露目情報がチラホラと入ってくるこの頃、今年も楽しみな季節になってきました。

そして、いよいよ 浅田真央選手の新体制が整いました。
チーム真央 始動ですね♪♪♪

昨日 浅田選手の専任コーチが 佐藤信夫コーチに決定したとの発表がありました。
浅田選手ファンはもちろん 多くの日本人フィギュアファンが待ちにまった通知です。

このまま 専任コーチなしで シーズンインかとの思いもあったので、ホッとしています。

私は バンクーバーを共に戦った ロシア人の名コーチ タラソワコーチと浅田選手は相性も良く 信頼関係も 確固たるもので、今も 最も理想の コーチ&選手の関係だと思います。

残念なのは、ロシアを拠点にコーチをするタラソワコーチと 日本、特に所属先の中京大学を拠点に練習をしたいとする浅田選手 
タラソワコーチの健康上の理由もあって、バンクーバー五輪前も 代理のフォレコーチと共に中京大で練習していました
世界選手権後に 浅田選手は 日本で練習する環境で見てくれるコーチを探していました。

佐藤信夫コーチは 現在 男子 小塚選手のコーチ
女子では 中野友加里選手、村主章枝選手が師事していたことが記憶に新しいですが、かつては 安藤美姫選手、佐藤有香選手と トップ選手を指導しています。

佐藤コーチの下で育った選手が皆美しいスケーティングをすることでも有名です。

ただ、ご高齢であり、トップ選手の指導は中野選手・小塚選手で最後という意向があると噂されていたし、勝って当たり前の浅田選手のコーチという心理面での負担が大きい任を受ける決断には 時間がかかったのでしょうね。

振付を タラソワコーチ(SP、EX)と アメリカの名振付師のニコル(FP)に依頼し、
ソチまでにじっくりと修正するというジャンプのコーチに 長久保コーチ
ようやく顔振れが揃った浅田陣営
考えれば考えるほど 素晴らしい顔ぶれで、今後4年間にどんな名作を産み出してくれるのでしょう。
ワクワクしますね。

浅田選手の 今季のSP(タンゴ)が 中国で開催された アイスショーで披露されました。
今から 完成形がとても楽しみな作品です。

ホームビデオ撮影の動画

照明の影響を受けるアイスショーながら最初にトリプルアクセルに挑戦するところは やはり浅田選手ですね。
ジャンプの修正を優先して プログラム自体の滑り込みは遅れているということでしたが、中盤のスピンの美しさや後半に繰り出される難しいステップは ”向上” を目標とする浅田選手が 既にバンクーバー五輪から進化していることを窺わせます。

私は特に I字スピンの美しさにため息がでます。
衣装もどうなるのか、、、楽しみです(この日は以前のEX用プロの衣装)

浅田選手の最初の試合は 10月2日のJAPAN OPEN @埼玉
地域別対抗戦の為、FPかSPのいずれかとなりますが、競技会での初披露 楽しみです。
そして キス&クライで 佐藤コーチと並んで座る姿も。。。

今季の真央にも 期待大♪

|

« 1次リーグ2勝目 | トップページ | 地元産を堪能 »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1次リーグ2勝目 | トップページ | 地元産を堪能 »