« 世界大会で勉強 | トップページ | #余裕の予選通過 »

2010年10月 2日

#絶好調そのままに 100を制す @千葉国体

今日から始まった 千葉国体 陸上

全5日間の競技日程で行われます。Dsc_1143

初日には 男子少年A(高校生2、3年生) 100Mが予選、準決勝、決勝と行われました。

エントリーリストには この夏のインターハイのファイナリストの名前が並ぶ豪華な顔ぶれ

我が家の注目は 九鬼選手(和歌山北高)vs 山縣選手(広島修道高)
インターハイ決勝も現地で見たかった対決です

史上5人目のインターハイ2連覇した九鬼選手は この世代の第一人者
世界ジュニア直後という厳しい日程でも、動ぜずインターハイを制した強さは素晴しい。

一方、山縣選手は2年前の国体少年Bの優勝者(九鬼選手に先着)ですが、高2に故障して以来九鬼選手に世代トップを奪われた感がありました
今年のインターハイでは固くなって後半の伸びがみられず3位に留まる
しかし、8月に高校歴代5位(タイ)の10秒30を出し 今季高校NO1
好調そのままに インターハイのリベンジをみせてくれるか

インターハイ2位の 中山選手(甲南高)や 竹下選手(福岡大大濠高)のここ一番での強さも忘れてはいけません。

準決勝で一番良いタイムを出したのは 山縣選手(10秒32、+1.7)
続いて 九鬼選手(10秒38)

決勝戦は 山縣選手と九鬼選手の一騎打ち
2人共快心のスタートを決め 揃って抜け出す
中盤以降さらに加速を増したのが 山縣選手

そのまま 九鬼選手との差を拡げて、10秒34(0.0)でゴールラインを走りぬけました。
終始 山縣選手圧勝のレースでした

大会記録、自己ベストの更新にはなりませんでしたが、山縣選手は 準決勝・決勝と2本 10秒30台を出して、その好調そのままの走りを見せてくれました。

Goal一瞬見せた小さなガッツポーズが写真に入っていました。
ゴール正面にいなかったのが残念

来年は関カレで、、、今から楽しみになってきました。

|

« 世界大会で勉強 | トップページ | #余裕の予選通過 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界大会で勉強 | トップページ | #余裕の予選通過 »