« もち吉 湘南台店 オープン | トップページ | 4回転論争はなんだったんだろう »

2010年10月29日

フォレスターのマイナーチェンジ!

スバルのSUVであるフォレスター。我が愛車でもあります。

ターボ仕様であるXTを新車で購入し、非常に楽しく運転しています。

そんなある日、フォレスターがリニューアルすると言う情報があった。そしてその予定日は10/25とのこと。

調べるとリニューアルの内容としては新型ボクサーエンジンの投入というもので、これは従来型のエンジンと比較してべ10%の燃費向上が図られるなど環境性能を高めたほか、実用域での性能を高め、アクセルレスポンスも向上させたというもの。

この新型エンジンはとりあえずノンターボ車のみで…とあったので、私の乗っているXTには関係ないと思っていました。

しかし、その後の情報によると、確かにXT自体には新しい内容は無いのですが、新車種の追加があったのです。しかもターボ車です!

追加車種は2.5リッターターボの「S-EDITION」です。08

一見これまでのXTと似ていますが、エンジンを含めて色々と違いがあります。
59

インテリアにも新しい物がありますが、このスポーツルミネセントメーターは綺麗ですね。S-EDITIONのロゴが入っていたり、スピードメーターも240km/hまでの表示があります。

31

シートも特別仕様です。アルカンターラ+本革シートはスポーティでカッコいいですね。

更にシートだけで無く、STI製17インチアルミホイールもGood!

60

エンジンのパワーは193kW(263PS)/6000rpmで、トルク347Nm(35.4kgm)/2800-4800rpmですから、これ自体XTを大きく越える数値とは言えませんが、魅力的な内容には変わりありません。

ただし、ギア設定としては5速ATのみの設定ということですので、MT派の人には残念というしかありません。

まぁ、お値段も312万9000円ということですから、もう少し安価だと嬉しいなぁというのが本音のところです。

しかし今回の驚きはもう1つありました。限定300台の発売ですが、このS-EDITIONを越えるスペックで「tS」というものも発売になります。
68_s

エンジンまわりなどの動力性能は、ベース車のS-EDITIONから変更はありませんが、tSはtuned by STIを表し、走りを意識したチューニングが施されています。

価格は362万2500円。

どちらも高性能な車ですが、法定速度以上に飛ばしたらお縄になります。どんな楽しみ方がいいのでしょうかね〜!欲しいなぁ〜!(言うのはタダ!)

|

« もち吉 湘南台店 オープン | トップページ | 4回転論争はなんだったんだろう »

∞兄貴 to 車好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もち吉 湘南台店 オープン | トップページ | 4回転論争はなんだったんだろう »