« フォレスターのマイナーチェンジ! | トップページ | えのすい (新江の島水族館) »

2010年10月30日

4回転論争はなんだったんだろう

高橋大輔選手の優勝で終った 今年のグランプリシリーズ 初戦のNHK杯

高橋選手は 昨シーズン1度も決めることのできなかった 4回転ジャンプをクリーンに決めた。
終盤に 疲れがみえて 失敗があったものの、シーズン初めとしては かなりレベルの高い仕上がり具合を印象つけた。

高橋選手のほかに NHK杯では 3人の選手が4回転ジャンプを成功させている。

4位の 羽生結弦選手、6位 無良崇人選手、8位 van der Perren選手(ベルギー)だ。
それぞれが フリープログラムで4回転を決め、ショートプログラムからの順位を上げた。

そして 皆 回転不足をもらうことなく、GOE(加点)でも減点されることがなかった。

やはり 4回転ジャンプは 華がある。
4回転があり トリプルアクセルのある 男子プログラムは 女子とは違った迫力とワクワクする面白さがある。

バンクーバー五輪までの昨シーズン、4回転ジャンプに挑戦する選手は少なかった。
挑戦して着氷しても 回転不足判定を受けることも多かった。
失敗時の減点が大きすぎて、3回転ジャンプで確実に得点を取る傾向が強まった。

その流れで、バンクーバー五輪の優勝は4回転ジャンプをプログラムに入れなかった ライサチェック選手(米)に。
4回転ジャンプを成功させた プルシェンコ選手(ロシア)は銀メダルに終わった。

”フィギュアスケートはジャンプだけではなく 他の要素も大事。4回転は必ずしも必要ない”
”いや アスリートなら難易度ジャンプに挑戦すべき。4回転ジャンプこそが 男子フィギュアの醍醐味”
との論争が オリンピック後にフィギュアファンの間で熱く語られた。

多くのファンを不安にさせたのが、 これで4回転ジャンプにチャレンジする選手が少なくなっていくのか、、、ということだった。
プルシェンコ選手が指摘したように、新しい技に挑戦しなくなり、男子フィギュアが後退してしまうのではとも思った。

が、その心配は不要だったようだ。

グランプリシリーズ開幕戦から4選手が4回転をプログラムに取り入れ、成功させた。
無良選手は ショートプログラムでも4回転を決めている。
2位のアボット選手も靴の不調がなかったら 4回転ジャンプを入れていたかもしれない。
大きく崩れて10位のシュルタイス選手も本来は4回転をプログラムに入れる選手だし。

今シーズンから ジャンプの回転不足の基準が2段階になった。
今までは 4分の3以上回っていないと 1回転少ないジャンプにダウングレードされていたが、今季から 4分の3以下2分の1以上は 基礎点70%で評価されるようになった。

このルール改正が 4回転ジャンプへの挑戦をしやすくなったといわれている。

今年のルールが昨季に適用されていたら バンクーバー五輪はまた違ったものになっていた。
タラレバをいっても仕方ないことだが。

今週末の第2戦 カナダ大会も 4回転ジャンパーがエントリーしている。
織田信成選手
昨シーズンも4回転ジャンプには定評のあった レイノルズ選手(カナダ)
今季からシニア参戦の ガチンスキー選手(ロシア)
スペインの フェルナンデス選手もオリンピックで4回転にチャレンジしている。

NHK杯の結果をみれば 4回転をプログラムに入れない訳にはいかないだろう。

(2010.10.30追記) カナダ大会 男子 SP
レイノルズ選手(カナダ)は なんとSPに2種類の4回転ジャンプを成功させた。
カナダのエース チャン選手も SPに4回転を入れるプログラム(今回は転倒)
ロシアの新星 ガチンスキー選手も4回転は失敗したものの、3回転ジャンプは完璧
フリープログラムだけでなく、ショートプログラムもクワドの時代突入か。。。と思わせる展開だった。
フリーが俄然楽しみになってきた
ただし SPトップは4回転なしで 織田信成選手、2位 レイノルズ選手

(2010.10.31追記)カナダ大会 男子フリー
カナダ チャン選手が1回の転倒があったものの 4回転を決めて加点上限3点をもらい 逆転優勝
織田選手、レイノルズ選手(2つ)も4回転を決めたが、演技構成点の差で それぞれ2位、4位
k 4回転ジャンプはうれしいけど、今年も ”不可解”加点と演技構成点の流れはとまらない
フィギュアの大会を激しくシラケさせています。

過去の関連記事

4回転論争 〜 現システムの功罪

やっぱりクワド は凄い!

|

« フォレスターのマイナーチェンジ! | トップページ | えのすい (新江の島水族館) »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フォレスターのマイナーチェンジ! | トップページ | えのすい (新江の島水族館) »