« #今年の兵庫対決 | トップページ | 見るだけの入替戦 »

2010年11月10日

#今年もルーキーが光った全日本

出雲駅伝に続く 早稲田大の優勝となった 今年の 全日本大学駅伝
早大の素晴らしさは テレビ朝日さんが たっぷり語っていたので 割愛して(笑)、今年も ルーキーが大活躍の全日本駅伝だったとの感想を。。。

高校時代から ゴールデン世代と期待を持って見守っていましたが、今年のルーキー達
トラックシーズンに続き 駅伝も早々に実績を出しています。

全日本駅伝の8つの区間賞のうち 半分の4区間賞が 今年の1年生

1区 設楽啓太選手 (東洋大)
3区 油布郁人選手 (駒澤大)
5区 志方文典選手 (早稲田大)
6区 窪田 忍選手 (駒澤大) 

3区と5区は 区間新という 素晴しい成績です。

1区 設楽啓太選手の快走は 日曜の朝の眠気を一気に晴らしてくれるものでした。
序盤は 優勝候補筆頭の早大 矢澤選手をしっかりマーク
中盤以降は 先頭集団を引っ張る 国士館大 藤本選手、東海大 早川選手、 京産大 三岡選手にピッタリついていきます。
終盤には 東海大早川選手の揺さぶりにも対応し、中継所手前3kmで 逆にスパートをかけて 単独首位に
前半は回りを気にしていた為か、上半身の揺れもあって頼り無さげなフォームでしたが、後半は力強い走りに 大学での成長ぶりが窺えます。

トップ争いでほとんどTVに写らなかった 日大ルーキー 田村優宝選手
5km手前で ハイペースについていけず、一旦先頭集団から大きく離されてしまうのですが、後半徐々に挽回し順位を上げて来て、4位で襷リレー
先頭 東洋大とは30秒差
序盤に無理をせず、自分の走りに徹した クレバーなレース展開を見せました。

2区は 区間賞とはなりませんでしたが、 早大の 大迫傑選手が トップ東洋大 柏原選手に猛追を仕掛ける面白い展開となりました。
大迫選手の走りは 腰高で 広いストライドと 実に美しい
出雲駅伝では 固さが目立って若干のギクシャク感がありましたが、今大会は美しいフォームから理想的なスピードを出して トップとの差をぐいぐい縮めます。

各校エースが集結する 2区
区間新の 明治大 鎧坂選手、 区間2位 山梨学院大 コスマス選手 に次ぐ 区間3位の好走は 早大にも大きな貢献をしました。

3区は この世代トップとも言われる 駒澤大 油布郁人選手が 期待に違わぬ、区間新の好走をみせました。 
トップと36秒差の3位で襷を受けると、すぐに前を行く 早大 八木選手に追いつき 二人でトップ東洋大 本田選手を追いかけます。
恐らく誤算だったのは 並走する 八木選手のペースが今ひとつ上がらなかったこと。
二人で追いつくはずの 東洋大がなかなか近くにならず、終盤 油布選手は 八木選手を置いて 一人東洋大に猛追をかけ、23秒差まで差を縮めました。

早大 東洋大の2強と言われる中で ”駒澤大あり”の存在感をみせる走りでした。

明治大 北魁道選手も区間6位と 2区区間新の鎧坂選手の作った良い流れを後半に繋げる走りでした。

5区は 1秒差のほぼ同時襷リレーの中継所から終盤まで 早大 志方文典選手と 東洋大 設楽悠太選手が並走
何度が仕掛けようとする 志方選手に対して 設楽選手がしっかりついていく展開。
力関係では 志方選手に分がありと思われましたが、徐々に 志方選手のイライラ感が画面を通じても感じられます。
このまま同時襷リレーかと思われましたが、11km付近で 設楽選手が歩道よりで若干バランスを崩し リズムが変わったか、、、
ここで 志方選手が一気にスパートをして 10秒差で襷リレー
早大の独走態勢のお膳立てを整えました。

区間2位は 粘った 設楽悠太選手
すでに 13分台、28分台を出す 兄啓太選手に比べると若干目立たないのですが、出雲駅伝でも2区を区間2位と 啓太選手同様 しっかり実績を上げています。

5区は 区間3位に 中大 西嶋悠選手、5位 日大 森谷修平選手、8位 城西大 平田啓介選手、10位 日体大 矢野圭吾選手 と 1年生が活躍した区間でもありました。

6区は なんといっても 駒澤大 窪田忍選手の区間賞の快走
トップ争いでは 東洋大 渡邊選手がブレーキで 早大が優勝固めを図っていましたが、3位の位置で 単独走ながら ジワジワとタイム差を縮めていました。
3区の 油布選手とともに 来年以降の駒澤大の強さを予感させるものでした。

最終区は 早大15年ぶりの優勝と 日大 ベンジャミン選手、東海大 村澤明伸選手の 大逆転のシード入りで盛り上がりました。
ベンジャミン選手と 村澤選手の驚異的な追い上げに 大エースの格の違いを見せつけられました。
この2校がシード圏内に入ってことで 押し出されたのが 日体大
6位明治大とは 10秒差でシード権を逃しました。

日体大のアンカーは ルーキー 服部翔太選手
全日本駅伝 最長区間を任された 唯一のルーキーです。
服部選手はスピードランナーであり、ロードも得意とすることは 高校時代の駅伝でも実証済み。
実際 中継所を飛出すと 間もなく24秒差で前を行く 中央大に 追いつき 順位を5位に上げます。
さらに 約1分差あって 明大にも迫りますが、、、
その前に 日大、東海大に逆転され 明大に追いつく前にゴールを迎えてしまいました。

8区という重要区間で 服部選手は区間7位
上位選手は ベンジャミン、村澤、平賀(早大)、高瀬(山学大)、井上(駒大)、大津(東洋大)という 各大学の長距離に強い選手に互角に戦い 59分38秒の好タイムを出しました

ゴール後は 自分の好走がシード確保という結果に結びつかなかった悔しさからか涙していました。

昨年もルーキーが活躍した 全日本駅伝
実力ある選手が 夏合宿を経て 大きく成長した結果を出す頃なのかもしれません。
2ヶ月先の箱根駅伝まで 故障なく 練習を積めることを願います。

|

« #今年の兵庫対決 | トップページ | 見るだけの入替戦 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« #今年の兵庫対決 | トップページ | 見るだけの入替戦 »