« えのすい (新江の島水族館) | トップページ | 御殿場とらや の 限定品 »

2010年11月 1日

久しぶりの中学生の試合

ちょっと前のことですが、大学リーグの合間をみて先日まで関係していた中学バスケ(母校)の試合を観に行くことにしました。

中学の新チームも早いもので新人戦の時期となり、暫く見ないうちに逞しくなっているのではないか?と期待をして試合会場に向う。

この日見にいったのは女子の試合で、先週彼女らは1回戦を勝利した様だ。

つい先日まで一緒に練習し戦っていたメンバーですから、情も残っていますし、是非頑張ってもらいたいところです。

対戦相手は同じ地区にあるT川中です。熱い情熱をもってバスケ指導をしている同校のN先生ですから、きっと今年も初心者ながらに良いチームを作っているのでしょう。

こちらのスタートメンバーはほぼ予想通り。彼女らはこの夏休みにレイアップシュートを練習をかなりした様で、試合前の練習ではスピードあるシュートを決めていました。これは期待出来るか!

しかし試合が始まるとT川中のタイトなマンツーマンにガード陣がパスをもらうことが出来ず右往左往。試合を観に来ていた父兄や先生達もこの状態に不安そうです。

そして頑張ってボールが入っても、今度はスムーズにボールを前線に運ぶことが出来ず、ミスプレイからカウンターを受けてどんどん点差が開いてしまいます。

ベンチにいた時にはプライヤーに指示することが出来ましたが、今いるのは反対側の応援席。ピンチの時間にただ見ているだけというのは結構辛いものですね。

コートで戦う選手達は一生懸命にプレイしているのですが、まだこの時点では練習した内容を試合で表現することは出来ない様です。結局試合は85-33と大きく離され敗退。厳しい新人戦となりました。

大学バスケの関係でこの後に行なわれた男子の試合の結果は分かりませんが、後輩達のこれからの頑張りを期待したいと思います。

|

« えのすい (新江の島水族館) | トップページ | 御殿場とらや の 限定品 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« えのすい (新江の島水族館) | トップページ | 御殿場とらや の 限定品 »