« ドラマの試写会 | トップページ | #今年もルーキーが光った全日本 »

2010年11月 9日

#今年の兵庫対決

この週末 多くの都道府県で 高校駅伝の県大会予選が行われ、今週末開催の三重を除き出場校が決定しました。

昨年は記念大会だったため、県敗退校にも 地区代表のチャンスがあったのですが、今年は通常大会で県代表のみとなります。

男子で 一番の注目は 兵庫県代表争い

超高校級 エース 西池和人選手擁する 須磨学園 vs 駅伝では兵庫の顔ともいえる 西脇工業

結果は 須磨学園が 41秒の差をつけ 2年連続 兵庫代表として 都大路の切符を手にしました。

レースは1区(10km)に 須磨学園 西池選手 西脇工 新庄翔太選手という 両校エース対決。
序盤から 二人が抜け出し、競り合っていましたが、 西池選手が徐々に差を広げ、22秒差で2区への襷リレー

後続区間は 須磨学園が首位を独走し、完全優勝となりました。
西脇工業も必死に追いすがったのですが、一時は約1分差まで開き、最終7区で41秒差に縮めるのがやっとという展開でした。

今年も サンテレビのサイトで 県大会の模様がダイジェスト動画で配信されています。
西池選手に 前半は新庄選手がピタッとついていったことが分かります。

須磨学園の優勝タイムは 2時間04分30秒 と 今年の都大路出場校中のトップ。
県大会なので 駅伝コースの差があり、一概に比較はできませんが、2時間4分台のタイムを出したのは、須磨学園と 鹿児島代表の 鹿児島実業の2校だけ。

そして、 全国の県大会(=都大路予選)の3位のタイムを出したのが 西脇工業でした。( 2時間05分11秒)

2年前には 須磨学園が 予選タイム 全国4位(もちろん 都大路不出場校でのトップタイム)ながら 西脇工の壁に阻まれていました(この年の予選全国トップは西脇工)。
今回は 西脇工が好タイムを出したものの 県代表の1枠に涙を飲みました

因みに 県大会で2時間5分台を出したのは 西脇工と 九州学院(熊本 2時間05分40秒)のみ。
2時間6分台でも 3校しかありませんので、 他県であれば 文句なしの優勝&県代表 だけでなく 全国大会でも 優勝候補の一角に名を連ねる成績でした。

さらに言えば 兵庫大会 3位の 報徳学園も 2時間8分57秒(全国22位相当)と 兵庫県のレベルの高さを見せました。

1区10kmの記録では、須磨学園 西池選手の28分52秒のタイムは 唯一の28分台
平坦で整備されたトラックではなく、アップダウンのあるロードで このタイムは驚異的。

また 西脇工 新庄選手も 29分14秒と 1区を走った選手では 全国で2位のタイムを出しています。

須磨学園高校には 西脇工の分まで 都大路で活躍してもらいましょう。
そして 新庄選手には 是非 都道府県駅伝で 高校最後の勇姿を見せてもらいたいものです。

|

« ドラマの試写会 | トップページ | #今年もルーキーが光った全日本 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドラマの試写会 | トップページ | #今年もルーキーが光った全日本 »