« 最終追い込み?!!! 今週末 luz 湘南辻堂オープン | トップページ | Give her a break! »

2010年12月 1日

男子インカレ観戦

楽しみにしていた男子バスケットのインカレが29日より始まりました。

普段は関東リーグの同じクラス(部)の試合しか見れないので、このインカレでは格上である関東1部校の試合や、地方を勝ち上がった強豪校の試合が見たかった。

特に私としては地方校の「チームとしての戦い方」に注目しており、ここから自分達のチームに何か生かせれば…と考えていました。

まずはトーナメント初日である29日に行われた4試合を観ました。

具体的には日本経済大VS筑波大、愛知学泉大VS札幌大、専修大VS鹿屋体育大、東海大VS中京大の4試合ですが…なかなか勉強になりました。

まず、セネガルの長身選手が日本経済大にもいたのですね。それも4年生で…。勉強不足でした。

この試合は後半から観たのですが、関東リーグ1部の筑波大と接戦(1ピリは日本経済大がリード)していたのには驚き!更に同校のユニフォームを着たビックセンターがいたことに二重の驚きでした。(留学生センターがいるチームは関東学院大と天理大、浜松大位かと思っていたので…)

また勉強になったことは他にもあります。九州2位で出場した鹿屋体育大、良いチームですねぇ。高さこそなくとも、スピードと正確な3Pシュートは大きな武器であり、これを上手くゲームコントロールしながら専修大を撃破しました。

ただ、専修大は私が所属している関東の代表(6位)ですし、是非頑張ってもらいたかったのですが、ここでは鹿屋体育大の「チーム力」に完敗だったと言うしかありません。

また同じ関東代表(3位)の東海大ですが、ここも天晴れな内容で東海3位の中京大を撃破しました。

強い関東ブロックの3位ですから、それこそ優勝候補の1角なのですが、東海大の試合内容をみると「良く練習出来ているなぁ」と思わず唸ります。
全国から集まった優秀な選手達が、チームの約束を守りながらもその個性を生かし、実に伸び伸びとプレイをしていた様に見えました。

とにかく層が厚いのです。誰が出て来てもガツガツプレイをする姿勢は素晴しいもの。普段の練習から戦いがあるのでしょう。

バスケットのインカレは、残念ながら高校生のウインターカップの様な賑やかな雰囲気ではありませんが、間違いなくレベルは高いものになっています。この1-2回戦が行なわれるのは平日の関係で中高生が観に行くことは出来ませんが、どこかTV局でピックアップし、もっと盛り上げて欲しいものです。

|

« 最終追い込み?!!! 今週末 luz 湘南辻堂オープン | トップページ | Give her a break! »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最終追い込み?!!! 今週末 luz 湘南辻堂オープン | トップページ | Give her a break! »