« さっぱりとして、美味しい! | トップページ | 今回の車は…! »

2011年1月13日

寒緋桜@八重岳

Dsc_3297
沖縄では 日本で一番早い 桜の開花が観られます。

1月15日から桜祭りというので、少しは咲いているかな??と期待しながら 八重岳へ
例年より寒さが厳しいからか、残念ながら 桜は ホンの咲き始め状態で、ポツリポツリとあるだけした。

この桜、本州で桜前線として話題となる ソメイヨシノとは別の品種で 寒緋桜(カンヒサクラ)です。
緋寒桜(ヒカンサクラ)とも呼ばれますが、彼岸桜と混同するため最近では寒緋桜との呼び名が主流になりつつあります。


写真でもお分かりのとおり、薄いピンクのソメイヨシノに比べて、かなりピンクが濃いのが特長
もともとは台湾から来た桜だそうです。

Dsc_3311
八重岳では 頂上までの道路に沿って この寒緋桜が7000本近く植えられています。
距離にして4kmに渡ってです。
枝も随分 道路の上まで伸びて来ていて、”車は桜の枝にご注意下さい”の看板があるほど。

本当にまだまだ一部が開花したばかりだったのが残念ですが、満開の時はどんなに素晴しい景色になるか容易に想像できます。


Dsc_3320
恐らく 通行規制がでるのでしょうが、満開時に桜の木の下を走るなんて素敵でしょうね。

今回立ち寄った 八重岳は 本部町にあります。
このほか 世界遺産のひとつ 今帰仁城跡 や 名護城跡の公園でも 桜祭りが予定されています。
いずれも北部エリアで 開催(満開)時期は1月下旬

この時期沖縄に行かれる方は是非足を伸ばしてはいかがでしょうか?


|

« さっぱりとして、美味しい! | トップページ | 今回の車は…! »

あしあと@沖縄♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さっぱりとして、美味しい! | トップページ | 今回の車は…! »