« #最下位という衝撃 | トップページ | #4分の3の明暗は3秒差 »

2011年1月 8日

基本に戻り…

間もなく再開する大学バスケットチームの活動。

ここからが今季チームの本格稼働といえますが、この時期になると改めて勝てそうで勝てないチームの「何が足りないか?」を考えてしまいます。

シュートか?フィジカルか?走力か…?

3部リーグとはいえ、他チームもほとんどスポーツ推薦を行なっている現状ですので、当然「駒」の能力もチームの結果に対して影響を与えることは間違いありません。

先日オールジャパンを観ている時にもそんなことをぼぉ〜っと考えていましたが、JXと札幌山の手の試合を観て改めて「パス」の強化は必要だなと感じました。

思い起こせば自分が学生の頃…。先生から「パスのスピードだけはリーグで1番になろう」と言われて、パス練習をやたら頑張ったことを覚えています。

この当時の失敗は、このパスをどこでどう生かすかのイメージが出来ていなかったことにありました。

中学生の指導においても「パスのスピードを上げろ!」と指示を出しましたが、ここでは指示だけでなく自分達の試合のビデオやスカウティング等でパスの重要さを説いてきました。

今の大学生は経験がありますので、当然この様なことを理解しているとは思うのですが、ウインターカップの上位校やオールジャパンの試合を観て、試合中におけるパススピードの違いを強く感じました。

これは当然パスのスピードを上げるだけではなく、事前にプレイの予想(考える力)が無いとナイスパスに繋がらないので頭のトレーニングも必要なんですが、改めて基本に戻るという意味でパスの重要さを選手に理解させたいと思います。

まず今出来ることを一つ一つこなすこと。その積み重ねが試合に出て、リーグ戦で勝利出来れば嬉しいですね。

|

« #最下位という衝撃 | トップページ | #4分の3の明暗は3秒差 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« #最下位という衝撃 | トップページ | #4分の3の明暗は3秒差 »