« 今年は藤沢イチゴ | トップページ | 鼎泰豊@横浜高島屋 »

2011年2月20日

ゆっくりと再起動

2月のOB会も終わり、大学バスケットチームは本格的に活動が再開されました。

なお、今年はこれまでに無い程に自主トレーニング期間を入れて、個人の体調に合わせたスタートを切れる様に考えていた3年生。

選手自身の自主性を信用してのことでしたが、なかなかストイックに追い込める学生は少ないもの。デブデブになっているものはいませんでしたが、メンタル面では「本気」になり切れていない選手が目立っていました。

これでチームの目標はクリア出来るのでしょうか!?

しかし上級生である3年生は練習内容を良く吟味していました。

客観的に練習メニューを見ていて、個人的にこの時期でやってもらいたいものがかなり多く組まれており、この点でリーダーは優秀なんだなぁと感心。

だが、練習内容の分析・組み立てとチームを引っ張る(追い込む)というのはまた別のもの。与えられたメニューを型通りに進めることは彼らに取っては簡単なこと。大切なのはこのメニューの狙いを確実に把握し、この練習における細かな課題をクリアすることが大切なんです。

そんな時に私は「小言おじさん」となってポイントの確認と発破かけをします。これによって練習内容が上がり、選手達のモチベーションも上がってくれればしめたもの。

ただ、今季はまだ始まったばかりなので、こちらが焦り過ぎてはいけませんが、4月になれば有能な新人が入って来ますし、選手達には今のうちにレベルアップを図ってもらいたいところです。

|

« 今年は藤沢イチゴ | トップページ | 鼎泰豊@横浜高島屋 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年は藤沢イチゴ | トップページ | 鼎泰豊@横浜高島屋 »