« 長野県信濃美術館 東山魁夷館 | トップページ | 一般常識は難しい »

2011年2月 9日

蔵の街 須坂

長野2日目
長野電鉄を使って 須坂/小布施まで出掛けることにした。

Dsc_2752須坂と言えば、あのオヤジキャラで人気となったカンガルーのハッチがいた動物園くらいしか印象がなく、あとは 志賀高原の帰りにリンゴを良く買ったこと

ガイドブックによれば 蔵の街として 売り出し中のようだ。

明治から製糸業で隆盛を極めた際に多くの蔵が建てられ、その蔵を美術館、カフェや物販店に改装して観光客にアピールしている
Dsc_2758

Dsc_2757
蔵の町並みを散策できる通りは 旧製糸屋(三善家)の建物から始まる(道左手前の建物)
こちらは観光案内所も兼ねていて、かつての蚕を飼っていた2階部分も見学させてくれる

Dsc_2763
神奈川では もう見ることもない 蔵を併せ持った酒造り&酒屋さん

こちらの 味噌屋さん
新築のようだが、街の景観に合わせた外観
Dsc_2759

残念だったのはこの季節 お店の閉店が多かったこと
雰囲気の良さそうな喫茶店も数軒あったのだが、観光オフシーズンのためか、、、

Dsc_2760中にはこんな建物も。
古い歴史のある建物を維持するのは本当に大変そうだ

須坂駅から 蔵の町並みを通り抜け、暫くあるくと 豪商 田中本家 がある。
Dsc_2765坂藩をも上回る財力を持っていたというわれる 田中家
敷地内に20もの蔵がある 豪商の屋敷と庭園は一般公開されている。
須坂の一番の観光スポットだ。

残念ながら 12月に入ると冬期休館になってしまうのだが、せっかくだからと、そこまで足を伸ばした。

いゃ〜〜〜
歩けない距離ではないですが、少々遠かったです。
そして 田中家は 大きく、広かったです。

道路に面した距離より、奥行きが広い。
通常なら壁面と思わるものは 実は 土蔵で、約100mの四方を20の土蔵で取り囲んでいるという豪壮な造りです。Dsc_2766

今回の長野滞在記
やはり長野は寒かった

ぱてぃお大門 蔵楽庭

長野県信濃美術館 東山魁夷館

蔵の街 須坂

小布施散策

レストラン五明館

|

« 長野県信濃美術館 東山魁夷館 | トップページ | 一般常識は難しい »

お出かけ後のふたり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長野県信濃美術館 東山魁夷館 | トップページ | 一般常識は難しい »