« 辻堂エキナカにBeck's | トップページ | 久々のスクリメージ »

2011年2月27日

栗の木テラス

今回の長野旅行の最後の記事です。

蔵部でランチ後、街歩きを兼ねて、高井鴻山記念館や あかり博物館などを見学
Dsc_2791
小布施と葛飾北斎の縁をとりもった高井鴻山の住居や書画等の作品を展示している。
北斎が作業場として使っていた部屋もある。
入館料300円だが、綺麗に管理されており、気持ち良く見学できる。

小布施から帰る前に 休憩して、、、と寄ったのが 栗の木テラス

Dsc_2796
小布施の栗菓子の有名店は 小布施堂と 桜井甘精堂があり、どちらも栗菓子の販売だけでなく、姉妹店で甘味処、食事処を経営している。
栗の木テラスは 桜井甘精堂の洋菓子&紅茶のお店

外観もちょっと洋風
それでも 小布施の町並みに違和感はありません。

店内に入ると すぐに 焼き菓子と生ケーキの物販スペース

奥に 喫茶スペースがある。
この日は運良く最後の1席に座れたけど、名前を書き込むウエイティングリストが喫茶手前においてあったから、いつも並ぶお店なんだろう。

ケーキはもちろん モンブランと栗のショートケーキを注文
この栗のケーキも 私達で最後だったようで、後から来た隣のテーブルは断られていました。
Dsc_2797

珈琲党の我が家は二人共珈琲だったのですが、紅茶がこのお店のおすすめのようです。
種類も多くポットででてきます。

喫茶スペースの雰囲気は 思いっきり英国調
床や天井、壁、照明、家具等 喫茶スペースだけでなくトイレまでも しっかり拘っていました。
これだけ芯のある拘り感があると気持ち良い。

それと、食器
写真でお分かりいただけるか、、、
テーブルマット(紙製)とケーキプレートに 栗の木のステンシル風模様がされているオリジナル物。
こんなさり気ない拘り感が結構 印象に残ります。

ただ、人気のお店であること、レジが物販と一緒なこと、、、
最後の会計、待たされました。
時間に余裕を持って、、、をお勧めします。

今回の長野滞在記
やはり長野は寒かった

ぱてぃお大門 蔵楽庭

長野県信濃美術館 東山魁夷館

蔵の街 須坂

小布施散策

レストラン五名館

小布施のランチ@蔵部 栗の木テラス

|

« 辻堂エキナカにBeck's | トップページ | 久々のスクリメージ »

あしあと@北信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 辻堂エキナカにBeck's | トップページ | 久々のスクリメージ »