« 艸楽庵 と 天山温泉郷 | トップページ | 箱根みやげ〜ちもとの湯もち »

2011年3月29日

送別試合0328

例年通りならば3月上旬の週末に行っていた中学バスケチームの送別試合ですが、今年は諸事情により28日に行うこととなった。

これは先日からの震災も当然関係しているのだが、とりあえずは今年もなんとか開催出来て良かったと思います。

ただ、今回の送別試合は昨年まで務めていたチームのものであり、夏季選手権後にコーチを辞めてしまった私としてはオブザーバーに近い立場で参加をした。

とは言え、ここは自分の母校でもあり、昨年まで面倒を看ていたメンバーがそこにいるということは嬉しいもの。参加するからには楽しまなくてはいけませんね。

送別試合は例年通り8分試合を男女交互に8本行った。いつものことながら現役メンバーからしたら、これは先輩達に成長した姿を見せる良い機会であり、当然「ガチンコ勝負」で試合は進行されます。

さて、送られる側の3年生ですが、どうやら受験明けからあまり運動をしていなかった様子で、特に女子メンバーは完全な「女の子」に変身しており、急な運動による怪我が心配です。

そんな不安をよそに男子から試合は始まりました。楽しそうな3年生男子。試合は3年生が体格と能力差を見せつけ、一方的に攻めていきます。2年生以下現役メンバーはスピードこそあるのですが、なかなかこれを生かすことが出来ません。

しかし途中から速攻を中心に一気に点差を縮めて現役の意地を見せましたが、最終的に男子は3年生がその実力差を見せつけて終了した。

気になる女子の試合。現役時代と比較すると3年生はかなりのパワーダウンとオーバーウエイトに見えましたが、1年間苦労して身につけた4メンアウトからのパスモーションだけは体が憶えていた様で、全然スピードは無いけれどかなりの確率で1回の攻撃をシュートまでもっていくことが出来ました。

更に体が暖まってきたら、速攻やスリーポイントまで入り始め、男子同様に現役を突き放します。

当時エースとして活躍していた田辺は膝の手術からのリハビリ途中ということでまだ走れませんでしたが、時折決める外角シュートは流石です。

また田辺同様に膝を痛めた上田は、受験を待ってから手術をしたばかりなので今回は歯痒い見学。

頑張っていたエース2人が怪我とは…と、当時を思い出しては悔しさが蘇りますが、エース以外のメンバーの頑張りを今日も見ることが出来ました。

今後このメンバーが皆で集まって試合をすることはほとんど無いのでしょうが、ここで頑張り続けたことはこれからの人生の中で財産になると思います。

高校からはまた別のストーリーが始まりますが、是非ここでも頑張りを見せて、また違う色の花を咲かせて欲しいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« 艸楽庵 と 天山温泉郷 | トップページ | 箱根みやげ〜ちもとの湯もち »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 艸楽庵 と 天山温泉郷 | トップページ | 箱根みやげ〜ちもとの湯もち »