« 3メンアウトで攻める | トップページ | #今年もルーキーが楽しみ »

2011年4月 4日

大学練習0403

4月に入り、大学バスケは予定されていた新人が皆入部してきて、練習している人数も増えたことにより随分と賑やかになった感じがします。

しかし予定の入部人数は11人の予定でしたが、この日の練習では既に14人になっており、5月にかけて更に増えることが予想されます。

しかしチームの状態としては、今回の震災の影響から暫く活動を自粛していた関係もあり、現状チームの基礎を作っている状態で、なかなか新人にかまってあげられる余裕がありません。

それでも2年生以上としては「新戦力」でもあり「ライバル」ともいえる彼らに興味があるようで、積極的に1対1を行っていました。

チームの運営については後輩のH君がヘッドになってチームをリードしています。

この日は速攻詰めの練習。4人でのマンツーマンディフェンスにおけるローテーションの確認、セットオフェンスの動き方の練習を行っていました。

私がこの中で注目したのはセットオフェンスについてです。

これは私の教えている中学バスケチームもセットオフェンスを導入し始めたこともありますが、今年の大学チームは5メンアウトのパターンを導入したのです。

高さはあまり無いが、機動力は十分ある。経験やシュート確率もある…。そんなチームであればこのパターンも面白そうです。

これまで自分自身が3メンアウトもしくは4メンアウトを中心に考えていたので、H君のこの戦略は大変興味深く、更にこれを実践している学生を見ながら、これはいけそうだという手応えを感じることが出来ました。

最終的にこれを成功させるには5人のタイミングとスピード、そして信頼が成功の鍵になると思いますが、このパターンを実践しているチームをこれまで見たことが無いのでこの仕上がりが楽しみです。

更には新人達の成長と、チームへの貢献も楽しみです。

予定では5月の上旬(5/9)から関東学生トーナメント戦が始まります。それまでに多くの武器を使いこなせるように頑張って欲しいと思います。

|

« 3メンアウトで攻める | トップページ | #今年もルーキーが楽しみ »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3メンアウトで攻める | トップページ | #今年もルーキーが楽しみ »