« しだれ桜@真鶴 荒井城址公園 | トップページ | 大学練習0403 »

2011年4月 3日

3メンアウトで攻める

練習を再開した我が中学バスケチーム。震災の関係から約半月間活動を自粛しており、今日の練習を見る限り、かなり選手達の体が訛っているのを感じました。

しかし今月から春季大会が始まるわけであり、これに対しては準備をどんどん進めていかなくてはいけません。

そこで今回の練習から思い切って「セットオフェンス」を意識した練習を入れることにしました。

セットオフェンスの導入。昨年度までのチームでは4メンアウトの展開を練習してきましたが、今年は3メンアウトでの展開を導入します。

この理由として、これまではインサイドは弱いが、逆にガード陣にスピードがあるという特徴が見られたので、未熟なセンターの穴を埋める為に4メンアウトを導入していました。

しかし今回のチームでは初心者とはいえ190オーバーのセンターがいるので、この高さを利用しない手はありません。

更に4番をやらせる選手もそこそこ大きいので、いかに優位な状況でインサイド(センター)にボールを入れてあげられるかが課題であり、その為に3メンアウトの状況でパスやドリブルを使いながら素早くサイドチェンジを行い、ディフェンスを翻弄しながらインサイドに合わせるパターンを理解して欲しいところ。

この日はセットオフェンスにおける1番~3番の動きと、4番~5番の動きを分解してドリルとして練習し、最後に5人で合わせてみて、細かな修正を行った。

初めての練習でしたので簡単に上手くいくとは思っていませんでしたが、試合に出る主なメンバーはゆっくりと表現することが出来ました。

ただ残念ながら下級生の多くは、分解練習からセットオフェンスとして合わせるところで頭と体がフリーズ。これはこれからも継続していくので、少しづつ覚えてくれれば良いかなと思います。

週明けの練習で今回のレビューを行います。選手達には今日の内容を忘れないで欲しいという気持ちもありますが、是非続けて練習に参加してもらい、確実にその技術と戦略を身に付けて欲しいです。

|

« しだれ桜@真鶴 荒井城址公園 | トップページ | 大学練習0403 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« しだれ桜@真鶴 荒井城址公園 | トップページ | 大学練習0403 »