« 男子はニース大会も3枠確保!  | トップページ | 新入生登場! »

2011年5月 1日

修正練習0429

春季大会も終わり、チームはGWを迎えました。

しかし連休の後すぐに定期試験が入ってしまうので、暫く活動が出来なくなります。

そこで時間は短いながら学校での練習で足りない部分の練習を行ない、チームの補強を行なうことにしました。

強化内容としては主に3つです。

①シュート力の強化、特にミドルシュートの確率を上げること。②マンツーマンディフェンスにおける、こまかな磨き上げ。③プレスディフェンスの新規導入である。

シュート力については私がチームを見る様になってから速攻を中心に練習を行なってきたが、セットオフェンスやゴール下に関連する練習については追いついていなかった。

改めてシュートドリルを導入しながら選手達のシュート力(ミドルシュート)を確認したのだが…、なんとも酷い内容だった。シュートフォームやボールの軌道などみんなバラバラで、客観的に見ていて入る気がしない。

速攻関係の練習ではスピードアップを図ることが出来たのだから、是非ミドルシュートの数字も上げたいところだ。

またマンツーマンについては、ジャンプ・トゥ・ザ・ボールからのバンプ、ディナイポジションを中心に、ピストルポジションやカバーディフェンスの強化を図った。

とにかく「接触」について理解出来ない選手達に、体を張りながら「バンプだぁ!」とぶつかりながらの指導は結構疲れる。周りのメンバーも集中してこれを理解してくれれば良いのだが、相手に遠慮ばかりしていてなかなか上手く進まないのが現状です。

これはもう根気よく続けていくしか無いのでしょうね。

そして新たにプレスとして導入したのが1-1-2-1プレスです。

これは前のチームで最も得意としていたディフェンスですが、今度のチームは男子チームですので、ポイントさえ理解してくれればその機動力を生かしてどんどん発展させてくれました。予想以上の手応えを感じることが出来て良かったです。

しかしこれはあくまでも母体チームでの練習における手応えですので、外に練習試合で出掛けて、ここで試すことにより、本当に身に付くものと思われます。

是非選手達には今回ここで練習したことを連休中で忘れること無く、次の練習や練習試合で使いこなせる様、自分の頭の中で発展させてもらいたいと思います。

|

« 男子はニース大会も3枠確保!  | トップページ | 新入生登場! »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 男子はニース大会も3枠確保!  | トップページ | 新入生登場! »