« #悔しい3連敗、、、のはず | トップページ | #対校戦は早大総合優勝 »

2011年5月26日

修正練習0525

週末の練習試合から得た反省点を自分なりに分析し、修正すべく練習メニューを考えました。

基本的には私の体勢になってから急激に新しい内容の練習を導入した関係で、攻守共に広く浅くの習得状況でしたから、何度も反復練習を行うことによって改善される内容も多くあると思っています。

しかし試合中の彼らを見ていると、何かもっと基本的な部分で出来ていないところがあるのでは…?と思い、その要素としてリバウンド強化の為の練習を行い、そのモヤモヤの原因が見えてきました。

初心者軍団の我がバスケチーム。走る・投げる・跳ぶ、といった全ての要素において中学から学び始めたものばかりで、これはミニから取り組んでいる強豪チームのメンバーと比較してみると「体の使い方」に大きな差がある様に感じます。

これは当然考える能力のある運動能力の高い生徒ならキャリアなど関係なく上達するものなんでしょうが、我がチームのメンバーは「普通レベル」の選手達なので、3年生であっても素人さの抜けていない選手がいることは否定できません。

この日の練習ではステージを利用しながら「巻き込みリバウンドの練習」をしたのですが、見ていて違和感を感じました。それはリバウンドに飛び込む前のジャンプの仕方に問題があり、腕のスイングや膝の屈伸運動から生まれる「溜め」を利用せず、上半身の動きから単純に跳びつく選手が多く驚いてしまいました。

特にCの荒川など、これまで自らの長身が武器だった為か、すっかりそれに頼ってしまい跳ぶことが出来ていませんでした。

これは同じCの里見やPFの西山、更にはエースとして見ていた朝山ですらちゃんと跳ぶことが出来ず、この練習で発見できて良かったと思います。

また基本練習の強化として、45度とローポの2対2など「合わせ」を必要とする内容は依然練習が必要な状態ですが、個人技能を生かすシュート練習では前回やった内容など個人的に反復の跡を感じる内容のものもあり、少しだけ安心することが出来ました。

これはやはり2年生の成長がチームの底上げをしていると考えられ、やんちゃなチビ達ですが彼らの頑張りを期待したいところです。

次の週末にも練習試合が組まれています。おそらくこれが夏季選手権大会前に行える練習試合のラストだと思われます。本番で全力を出せる様にしっかり調整したいと考えています。

※個人名は変えてあります

|

« #悔しい3連敗、、、のはず | トップページ | #対校戦は早大総合優勝 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« #悔しい3連敗、、、のはず | トップページ | #対校戦は早大総合優勝 »