« 浅田真央 Book for Charity | トップページ | #世界陸上代表を狙う! »

2011年5月11日

大学トーナメント戦始まる

2011年度の関東大学バスケ・トーナメント戦が始まりました。

例年よりも集中した練習が出来、有望な1年生の加入もあって調子の上がってきたと思われる我がチーム。

ただ、これまでこのトーナメント戦の時点ではまだ弱いところが露見することもあり、何年か前にシード(上位32)を落としてから未だ取り返せないでいます。

今年の大会では2回戦からの参戦。4回戦で勝利すればシード(上位32)の奪回となります…どうなるでしょうか!

2回戦の対戦相手はS学院。1回戦を延長戦で勝利したチームでしたが、関東では5部に所属するチームであり、ウオーミングアップをするシーンだけでもその差は見ることが出来ます。

そして試合が始まるとこちらのマンツーマンが機能し、カットからの速攻が連続して決まる。1ピリの途中でセカンドチームに全交代するも1ピリ終了時には49-12と勝負あり。

2ピリ以降でもスタメンを含むベンチメンバーを全て使いながら、最終スコア124-54で快勝することが出来ました。

続く3回戦ではY梨大(関東5部)が対戦相手でしたが、こちらもメンバーを使いながら130-56と2試合連続で100点オーバーの得点で勝利することが出来ました。

更に4回戦。この辺りから対戦相手も強くなってきます。今年の相手はC葉大(関東4部)です。

同校とはこれまでリーグ戦等を通じて戦うことも多かったのですが、今年のチームも小型ながらよく練習をしている感じがしました。

試合が始まるとスクリーンを上手く利用しながら効率良く得点を重ねてきて、我がチームに離されず付いてきます。

しかしこちらがスタメンメンバーの時にはFWを中心とした速攻を止めることが出来ずじわりじわりと得点差がついていきます。

今回はこのリードをリザーブが途中交代しながら「つなぎ」の仕事として試合をひっくり返されない様に戦い、最終的には86-74という12点差での勝利となりましたが、チームとしては良い練習になったかなと思います。

この勝利によって我がチームは来年のトーナメント戦においては上位32シードを獲得することが出来ましたが、次の5回戦では1部リーグのチームと対戦することになりました。

ここからはチャレンジャーとしての戦いになりますが、上位校との対戦でもこれまで練習したことを表現出来る様に、選手達には頑張ってもらいたいと思います。

|

« 浅田真央 Book for Charity | トップページ | #世界陸上代表を狙う! »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浅田真央 Book for Charity | トップページ | #世界陸上代表を狙う! »