« GWで大渋滞!(帰路編) | トップページ | 練習試合0515 »

2011年5月16日

古豪復活か

今回の関東大学トーナメントについて、対戦結果やメンバーの出身・身長などを見て感じたことがあります。

それは数年前までスポーツ推薦などを採用し、関東リーグの上位に進出しようとしていたチームの復活を感じることが出来た点です。

ただ数年前と言っても私が現役の学生だった20年程前のことになるのですが…

1校目は山梨学院大です。

ここは陸上(中長距離部門)や水泳では現在も学生トップクラスの実力を発揮しているところですが、私の学生の頃はバスケットに力を入れており、実際当時の並列リーグ(当時は関東1~24位が強化リーグ、25位以下並列リーグと言っていた)ではあまり見られなかった「高さと機動力」を武器にどんどん勝ち上がり、結局強化リーグの2部(上位16位以内)まで行ったと記憶しています。

ある時から推薦メンバーを採らなくなったのか急に落ちていきましたが、ここ最近のメンバーをみると地元山梨の高校上位校(日本航空等)のメンバーを積極的に採用してきた様で、更に今年も静岡の藤枝明誠より大型センターを獲得。

今回のトーナメントでは3部の東大を圧倒。1部の中央大にも1点差と往年の勢いを取り戻しています。

そしてもう1校…上武大です。

ここも並列リーグの頃から我がチームと切磋琢磨してきたチームですが、指導者の素晴しい熱意で無名選手を叩き上げ、結果チームを2部まで昇格し、インカレでも活躍した記憶があります。

最近では方針の変更からか推薦採用を控えていた様ですが、指導者も代わり、新たにメンバーを採用し始めた様です。

今回のメンバーを見ると、無名選手ですが2mの1年生がよたよたしながらも1部の筑波大相手に戦っていました。ガード陣も強者が揃っているみたいですし、今年のリーグ戦では大暴れしそうな感じです。

また番外ですが、新興勢力として西武文理大も見逃せません。かつて能城工高の教諭だった加藤先生があらたに指導を始めたチームで、既に付属校は埼玉の上位校で全国大会に出始めていますし、メンバーが集まってきたら凄いことになりそうです。

強いところが増えてきて、これからも関東リーグのレベルの高さが目立ちそうですね。

|

« GWで大渋滞!(帰路編) | トップページ | 練習試合0515 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GWで大渋滞!(帰路編) | トップページ | 練習試合0515 »