« #魅せるレース | トップページ | 高さVSスピードの戦い① »

2011年6月13日

夏季選手権直前

病人や怪我人など、ここにきてトラブル続きの我が中学バスケットチームではありますが、3年生最後の夏季選手権は確実に近づいてきました。

先週からの練習で欠席・見学が多くて教えている私としても不安はありましたが、今週に入ってからは少しずつ復調の兆しも見え、チームとしても落ち着きが見えてきた様に感じます。

エースガードの朝山やセンター荒川も週末の練習には何とか復帰し、他メンバーもドタバタしながらもなんとか最後の大会に間に合いそうです。

そんな中、大会組合せが発表になりました。当然私も選手達もその内容が気になっていた訳ですが…。

なんと我がチームは第一シードであるN大三のブロックに入ってしまい、1回戦に勝利すると次は同校との対戦となります。

ただそれには当然1回戦で勝利しなくてはいけないのですが、その対戦相手というのが昨年度まで私がコーチングをしていたT川二中なのです。

正確には昨年度は女子だけの指導でしたので男子はあまり関係無いのではとも思いますが、出来ることなら1回戦では対戦したくない相手でした。

なんだか気持ちが重たくなってしまいましたが、発展途上の我がチームにはまだまだ練習しなくてはいけないことが山積しています。まずは今出来ることを一つずつクリアしていくしかありませんね。

週末の練習には卒業生である大学生達が練習の応援に来てくれて、5対5の相手をしてもらいました。前回の練習では怪我人や病欠の関係で良い練習が出来ませんでしたが、この日には朝山や荒川らスタメンが揃い、良い練習が出来ました。

この良い流れに乗って是非初戦突破をしたいところです。

※個人名は変えてあります

|

« #魅せるレース | トップページ | 高さVSスピードの戦い① »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« #魅せるレース | トップページ | 高さVSスピードの戦い① »