« ポジリポ エ ナプレ @横浜高島屋 | トップページ | 山盛りポテト @馬車道 »

2011年6月10日

大学バスケ新人戦

中学バスケの夏季選手権の前に、私のもう一つの追っかけである大学チームが新人戦に突入した。

この新人戦は1・2年生を対象にした大会なのですが、選手としては秋に行われるリーグ戦で起用してもらう為の貴重なアピールの場でもあります。是非ガツガツとやってもらいたいところ。

1回戦の対戦相手は2部に所属するK東学院大(以下KGU)です。ここは3部の我々からみたら格上であり、特に1年生とはいえ2mの留学生センター(セネガル)の存在は脅威でもあります。

一体どんな戦いになるのでしょう。

1年生の多い我がチームは普段の練習において集中力にムラがあったので、まずは試合の立ち上がりが心配されましたが…さすがに本番ではアドレナリンが出たのか素晴らしい気迫を見せKGUに攻めさせません。

特にインサイドについては留学生相手にポジション争いが激しく、ベンチで見ているだけで手に汗を握りましたが、上手く相手のトラベリングを誘い暴れさせません。

KGUこの留学生にかなり気を使っているらしく、彼の状態を見て直ぐに日本人センター(彼も大きいですが…)に交代。しかしそうなると凄まじいゴール下が無くなる訳でもあり、これによりKGUのリズムが狂い始めます。

逆に立ち上がりから外角シュートの確率の良い我がチームは速攻からセットまでスムーズにいき、前半を49-30とリードして終える。

だが格上のKGUがこのまま楽に勝たせてなどくれません。後半が始まると留学生にボールを集めては次々にシュートを捩じ込み、これにより得点差はあっという間に縮まって、3ピリ終了時には6点差に…

元々実力のあるチームですからこれが当然の姿なんでしょうが、かなりピンチな状況になってしまいました。

しかしながら、この日の我がチームは気持ちが折れず、苦しい時間帯での外角シュートや速攻の合わせを落ち着いて決めることが出来、終了間際でも試合をひっくり返されることなく、最終スコア80-77で嬉しい勝利を掴むことが出来ました。

1年生主体のチームで競り勝つことが出来、大いに盛り上がった我がチーム。続く2回戦は翌日に行われ、今度は優勝候補のT海大との対戦でした。

高さ・スピード・技術・メンタルと全て格上のT海大が相手でしたから、選手達も試合開始からそのレベルの違いにどうしようも無いほど追い込まれ、結果100点ゲームで大敗しましたが少しだけ意地を見せることが出来ました。

ただ、強いチーム相手に攻守の準備が全て後手にまわり、技術以外にもまだ頑張らねばならぬことが沢山あると実感でき良かったと思います。この経験を是非夏の練習を通じてチームのレベルアップにつなげて、リーグ戦での勝利につなげて欲しいと思います。

|

« ポジリポ エ ナプレ @横浜高島屋 | トップページ | 山盛りポテト @馬車道 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポジリポ エ ナプレ @横浜高島屋 | トップページ | 山盛りポテト @馬車道 »