« 寒川のパン屋さん chou2 | トップページ | 浅田真央 book for charity 届く!♪ »

2011年6月29日

市夏季選手権を観戦

しっかりシュート練習をした影響か、この週末に行われた市の夏季選手権を2年生達が観に行くことになった。

今は未だ練習を開始したばかりなので自分のシュートフォームや成功率など手探り状態ではありますが、1年後この選手権で戦う自分達をイメージしながら今は勉強の時期です。

と言っている私も男子だけをじっくり指導するのは久しぶり(これまでは女子が強かったことが多かった)なので、どこまでレベルを上げるべきかをこの試合を見て具体的なイメージを作りたく、生徒達同様に試合観戦に行きました。

試合会場に着くと春季大会で対戦したM田三中が試合をしていました。M田三中は相変わらずのオフェンスチームですが、ここもエースセンター#9が怪我をしてしまった様でチーム事情としてはベストとは言えません。

しかしながらチームの持ち味である速攻を#4や#5が確実に決め、早々に試合を決めていました。

この日は1-3-1ゾーンからの速攻で得点を重ねていましたが、これにセンターの#9が加われば更にチーム力が上がるのでしょうね。

また第一シードのN大三中も試合をしました。現在同校は高校の部活動も調子が良く、今年のIH東京予選でも見事ベスト8に進出し、学園全体としてバスケ部は勢いに乗っているところです。

当然付属中学ということで、その高校生とも一緒に練習をしていることは想像出来ますが、このチームの武器はブレイクや外角ではなくインサイドの強さなのです。

中でもエースとして暴れているのは2年生ながら当りに強く、ゴール下の確率がずば抜けて高い#20です。

当然彼以外にもインサイドはいて、そこそこ強さを感じるのですが、#20の強さは別格。ステップやハンドリングも良いので、市内の中学生ではなかなか抑えることは出来ないでしょう。

見学に来ていた2年生達もこの凄さを感じてくれたことと思いますが、出来ることなら彼らには得点の取り合いでも負けないチームなってもらいたですね。

結局この日見た私の感想としては、外角シュートについては今行っているシュート練習を根気良く続けていけばこのレベルには達することは可能かと思いました。あとは攻守切り替えの速さや、試合のかけ引きを覚えて「ずる賢く」なることですね。

また次回の練習時に選手達から感想を聞きたいと思います。

|

« 寒川のパン屋さん chou2 | トップページ | 浅田真央 book for charity 届く!♪ »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寒川のパン屋さん chou2 | トップページ | 浅田真央 book for charity 届く!♪ »