« #アジア陸上 10000M | トップページ | むぎとろ »

2011年7月10日

今年度のオフェンスは?

ようやくシュート練習を無心にこなせるようになってきた我がチーム。

この日は先日行ったパス練習を更に発展させて実践。だんだんバスケットボールのチームみたいになってきました。

そこでこの日は今年度のセットオフェンスにおける柱となるプレイを説明し、それを実践する為の基本的なパス練習とシュート練習を行いました。

この柱とは素早いパスやそこからの3Pシュートを武器とした「4メンアウト」でのオフェンスパターンです。

昨年度は荒川や園田など大型選手が多かったので、これを生かすために3メンアウトを採用しましたが、今年度はセンターが少なく1・2番が沢山いるチームなので、スペースとスピードを活かせる4メンアウトをやることにしました。

これは一昨年に前のチームでも実践させていたパターンで、形としては非常にシンプルですが、シンプルゆえにスピードを生かした展開にすることが可能です。特に今練習しているシュート練習によって3Pシュートが入るようになればサイドチェンジからのシュートで何本か決めることが可能だと思います。

しかしそこに至るにはこのオフェンスパターンの特徴を理解し、使いこなせる様にならなくては話しになりません。

まずはその第一弾として4メンアウトでのパスドリルを練習しました。

2ガードポジションからスタートし、まず最初は縦へのパスランからレイアップを狙おう!

そう言って説明して実践させたのですが、パスを横にしてしまったり、パスしても走らなかったり、フリーズしたり…

やはり一番最初の練習で完全に理解させるのは難しいのですね。でもまだまだ時間は沢山ありますので、このパス練習を習慣化させ、平行してトレーニングをしながらパワーアップさせれば8月には少し使えるようになるでしょう。

来週はいよいよ速攻の為のパス練習に入ります。前線に走る者へのリードパスと、その際にトラベリングをしないでストップする為のステップを練習します。

※個人名は変えてあります

|

« #アジア陸上 10000M | トップページ | むぎとろ »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« #アジア陸上 10000M | トップページ | むぎとろ »