« 初練習試合0718 | トップページ | 高校野球観戦@平塚球場 »

2011年7月21日

エースの活躍と課題

18日に行われた新チームになってから初めての練習試合。ゴタゴタした内容にはなりましたが、試合をこなしていく内に内容は良くなり、なかなかの滑り出しだったと言えます。

特に今期チームのエースとして期待していたFWの西山の動きは他を圧倒しているところもあり、この姿勢で経験を積んだら秋の新人までには期待できそうです。

しかしながら西山が目立つ反面、目立って欲しい青島・阿部らガード陣がその存在をアピール出来ないという現実も見ることになりました。

これはあまりに試合中に活躍した西山に対して他が声を掛けられなかったということですが、当然こんな状態で良いわけではありません。

特にガードプレイヤーが試合中に声を掛けたり、指示をしたりすることが出来ないのではこのチームに未来は無いわけであり、そうならない様にこれから調整しなくてはいけません。

またこのチームにはもう一人リーダーである岡村がいます。彼はバスケ部の部長であり、彼のキャプテンシーは他のメンバーも一目を置いているわけですが、一選手としてみるとまだまだ経験が足りなく、試合中にズバッと言えるほど自信がついていません。

ただ、基本的に速攻やセットオフェンスについてはそれぞれのポジションにおいてチームの約束事を設定し、それを皆が練習して徐々に形にしていくというものなので、コーチの私としてはそれ程心配はしていませんが、今回見せた西山の活躍はガード陣を少しびびらせてしまったようです。

チームとしては24日に再び練習試合の予定があります。ここではもう少しガードがボール運びに力を注いでもらい、点取り屋の西山にはボール運びなどさせず、得点を取ることに集中させて欲しいと思っています。

その為にも、色々なパターンの練習を実践させ、「練習=試合」という構図が成り立つように私もリードしていきたいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« 初練習試合0718 | トップページ | 高校野球観戦@平塚球場 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初練習試合0718 | トップページ | 高校野球観戦@平塚球場 »