« 練習試合0726 | トップページ | ひつまぶし@あつた蓬萊軒 »

2011年7月30日

心折れたか?

連敗の練習試合。元々の運動能力の差が出たのか?という感じがしましたが、圧倒して勝利するつもりだった生徒からするとかなりのショックだったかもしれません。

しかしこれまで下級生試合で連勝してきたわけではないのであり、落ち着いて現実を見ればこれは妥当なところかもしれません。

コーチの私としてはこの試合における具体的修正点を見つめ、練習で克服出来る様にリードしなくてはいけないのですが…学校に到着すると生徒の雰囲気がこれまでと違うことに気づきました。

なんだか覇気が無いというか、元気が無いというか…。具体的に練習が始まっても活気がなく、移動もダラダラというかフラフラというか…。

早速部長の岡村を呼び、どうなっているのか?と聞くと、思わぬ大敗に皆心が折れてしまったようだとの回答。

んん~。心折れたかぁ~。

しかしこんなところで足踏みをしている時間は無く、説教をしている時間も勿体無いので、どんどん課題を乗り越える為の練習を行い、練習に集中してくると雰囲気も回復してきました。

そもそもセットシュートやドリブル・パスの練習はしてきましたが、1対1をはじめ2対2や3対2などの練習は出来ていなく、走りながら考える練習もやっていないのですから試合になるはずもありません。

しかしながら、これまでの練習試合で選手の運動能力やメンタルの強さを見ることは出来たので、今後はこれを参考に練習を作っていかなくてはいけません。

走力を上げながら、アウトナンバーをパスやドリブルを使って攻めきり、最後は必ずシュートを決める。特にフリーのレイアップを決められなければ今後も苦戦は続くでしょう。なんとかこれを克服するように練習をしていかなくてはいけません。

気が付いたら7月ももうすぐ終わります。少々焦ってきましたが、確実に前進できる練習メニューを実践させたいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« 練習試合0726 | トップページ | ひつまぶし@あつた蓬萊軒 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 練習試合0726 | トップページ | ひつまぶし@あつた蓬萊軒 »