« 冷し中華@桃華楼 | トップページ | 座間のひまわり »

2011年8月16日

1部校との対戦

大学バスケチームは夏合宿直前の14日に練習試合をすることになった。

相手は先日行われたトーナメント戦で関東5位の実績を持ち、現在関東1部に所属しているD東文化大(以下DB大にて)です。

現状関東3部の我がチームから見ると大変な格上の相手でありますが、先日のM治大との練習試合を含め、1部校との練習試合など滅多に無いことなので、ここは胸を借りるのみです。

会場はDB大。東武東上線高坂駅からバスで10分程度なのですが、我が家からすると約2時間も移動に時間がかかり、もはや旅のレベルに達しています。しかも…この猛暑日ですから、命をかけて会場入りしました。

チームとしては練習をしているマンツーマンからの速攻と、ゾーンディフェンスやプレスの練習をすることが課題でした。

しかし190cmクラスが2人しかいない我がチームとは異なり、体格の良い2m前後のプレイヤーが複数名いるDB大は迫力があり、ガードプレイヤーも我がチームのメンバーと比較すると断然大型で、試合が始まるとガードポジションでのミスマッチで随分得点を取られてしまいました。

またこちらはスピードで対抗したいところでしたが、普段無い「高さ」と「接触」の影響からか、ジャンプシュートのタイミングが微妙にずれてしまい、全くこれを決めることが出来ません。

あまりにシュートが入らないところからオールメンバーチェンジをしながら様子を見ましたが、結局この日の試合では殆ど決めることが出来ず、スコア的にはダブルスコアの大敗を喫する形となりました。

これはセットオフェンスでの終わり方の悪さが原因と考えられ、これには更に練習の必要があり、確実にオフェンスリバウンドが取れないと今後もカウンター攻撃だけでやられてしまいます。

ただ課題のゾーンディフェンスではリバウンドから速攻を出すシーンも少しあり、これを夏合宿で更に磨けばリーグ戦でも通用するという手応えを感じることは出来ました。

試合終了後、選手達は大変な大汗をかいており、結構疲れていた様子でした。しかし夏合宿は17日から始まります。それまでに少しでもコンディションを整えて、しっかり動ける状態で臨んで欲しいと思います。

|

« 冷し中華@桃華楼 | トップページ | 座間のひまわり »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冷し中華@桃華楼 | トップページ | 座間のひまわり »