« ラストダンス | トップページ | 久しぶりに采蝶軒 »

2011年8月20日

大学夏合宿参加

中学バスケのお盆休みが終わる直前に大学バスケの合宿に参加してきました。

会場は昨年もお邪魔した滋賀県のびわこSスポーツ大(以下BSS)です。

1年生の大量入部の関係で大所帯となってしまった我がチーム。仕方なく今年はチームをAとBの2つに分け、時差スタートを図ることにした。

私は中学チーム練習の関係もあり、最初にスタートしたAチームの練習2日間に参加した。

合宿初日は会場であるBSS大と大阪のI鳥取高校と練習試合を行った。

高さこそありませんが、昨年同様攻守の切り替えの速さとフィジカルの強さがBSS大。こちらがお粗末なオフェンスをすると直ぐにカウンター攻撃を決められてしまいます。

また高校生も新人チームでありながらも1対1においては果敢にシュートを狙ってきて、その攻める姿勢は大学生も見習わないといけませんが、ここでは経験や能力の差が大きく表れて大学生が快勝しました。

2日の練習では午前にハーフ付近からのトラップディフェンスの練習を行い、午後には前日同様BSS大とI鳥取高校とスクリメージをしながら実践練習を行いました。

今年の我がチームのスタートメンバーは3・4年生中心で、個人能力もそこそこ高いのですが、リザーブには1年生が多く出場するのが現状。まだチームプレイを覚えきれない1年生は練習から微妙な表情。練習では表現できてもゲームで出来なければ意味がありません。

彼らには練習課題について表面的なものだけではなく、何故このプレイが必要で、具体的にどうなれば成功なのか?その為に自分はどう動くのかをこの合宿で理解してもらいたいと思います。

私は中学チームの関係で湘南に戻ってきてしまいましたが、選手達にはあと4日間頑張ってもらい、自信をつけて戻ってきて欲しいと思います。

|

« ラストダンス | トップページ | 久しぶりに采蝶軒 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラストダンス | トップページ | 久しぶりに采蝶軒 »