« 大ちゃん祭り?!@フレンズオンアイス11 | トップページ | 練習試合0825 »

2011年8月28日

世界陸上開幕

韓国で開催のテグ世界陸上が始まりました

大会最初の種目の女子マラソンで ケニヤ勢が圧倒的な強さをみせ 表彰台独占!
強かったですね〜

個々の選手の強さはもちろんあるのですが、その強さでチームプレイをするのですから 太刀打ちできません。
先頭集団内で 集団走をしていたのは 団体戦優勝のためだけではないように思いました。

解説の増田さんも言及していましたが、今回のケニア勢、ペースが上がりそうになると集団のトップにでてきて ペースが上がらない様に押さえていたと。

そして スパート力のある自分達に有利な展開に持っていっていました。

32km付近で ケニア勢が申し合わせたように 一気にペースアップ。
個人選手ではなく 同国選手が一斉に飛出したのですから びっくりしました。
それも 日本人選手には驚きの2分/5㌔のペースアップでした。
それまでの 18分/5㌔から 16分/5㌔には 日本勢だけでなく エチオピア勢までもついていけませんでした。

そして 最後に表彰台独占が確実になると 同国内選手での 着順争い
個人レースというより チームプレイの勝利のように感じたレースでした。

レースの主導権を渡さないチームプレイは アジア選手権の男子1万メートルでもありました。
夜の女子1万Mでも マラソンのチームプレイを見習って ケニア勢が4位まで独占、、、
ため息ものです。

尾崎選手(今回 18位)の山下コーチは ”確実にアフリカ時代が来た感じ”とレース後コメントしましたが、ケニア勢(そして これからは エチオピア、バーレーン、モロッコなどなど)が 持ち前の長距離対応能力、ラストのスパート力に チーム力をプラスしたら どれだけ強くなってしまうのか、、、と思ってしまいました。

日本人1位は赤羽選手で ゴールまで粘って 順位を上げて 5位でした。
お疲れ様でした。

さぁ、熱い9日間が始まりますね
私個人は アジア王者 バーシム選手(mutaz barshim:カタール)が出場する男子の走高跳びが凄く楽しみです。
アジア大会で見せた あの 余裕のある跳躍は どこまで記録を伸ばしてしまうのか、、、
世界記録を塗り替えるなら バーシム選手ではないかと 注目しています。
人間の跳ぶ力って どこまであるんだろう、、、と 驚嘆の気持ちで見守っています。

アジア大会の動画
2M35の自己新で優勝(3:40あたり)♪

本当に凄いです。

|

« 大ちゃん祭り?!@フレンズオンアイス11 | トップページ | 練習試合0825 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大ちゃん祭り?!@フレンズオンアイス11 | トップページ | 練習試合0825 »