« かき氷@七里ガ浜商店 | トップページ | 11競泳インカレ@横浜国際 »

2011年9月 3日

反省ミーティング0831

夏休みの最終日、この日は練習ではなく大会の具体的反省をする為のミーティングを行った。

反省材料は沢山あるのだが、ピンポイントかつ具体的に反省点を見てもらうために各試合の数値データーを選手全員に配布し、これを見ながら具体的反省をしました。

新人戦前のこの時期ですからミスが多いのは想定内です。しかしながら他校、それも上位校の試合内容を見るとのんびりしていられないのが現状です。

ちなみに今回男子チームの優勝はN大三中、準優勝はS中。ベスト4はS光寺中にM田三中という結果でした。

この4チームには共通点があり、いずれも昨年度のチームで今年のエース(2年生)が活躍していたということで、「試合をする」ということに慣れていたように感じました。

これは8月の時点では「試合巧者のチームが有利だった」ということなのですが、10月より始まる新人戦までには少し時間がありますから、それまでにこの差を埋められる様に強化を図りたいところです。

今回の我がチームの反省点としては「ガード陣のターンノーバー数」と「全体的なシュート確率の低さ」が目立ちました。

予選で対戦し、今回4強に入ったS光寺中と比較しても身体能力の差はさほど無く、ここ1番でのシュート力の無さからカウンターを受けて…という負けのパターンに陥らなければ次回勝利できる可能性はあると思います。

そして練習している4メンアウトも全然未完成であり、素早くボールサイドチェンジをしたり、そこで3Pを狙ったりという簡単なことすら出来ていません。新人戦までは今準備している内容の磨き上げが重要ですね。

また今回のミーティングでは選手各自に今のチームに足りないもの、ベスト4チームの分析及び攻略、その為に自分がどうするか?などの項目でレポートを書いてもらいました。

短い時間での作業でしたので多くの内容を期待していた訳ではありませんでしたが、そのレポートの内容を見るとこちらが考えていた以上に頭を使っているということが分かり、少し安心できました。

しかし9月からは通常の学校生活となりますので、他の運動部との関係からオールコートでの練習が少なくなることが予想されます。よって練習内容もこれまで以上に工夫と計画性をもって行わないとスムーズに消化出来ないと思われるので、私もこの点をしっかり考えていかなくてはなりません。

|

« かき氷@七里ガ浜商店 | トップページ | 11競泳インカレ@横浜国際 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« かき氷@七里ガ浜商店 | トップページ | 11競泳インカレ@横浜国際 »