« 反省ミーティング0831 | トップページ | 大学リーグスタート »

2011年9月 4日

11競泳インカレ@横浜国際

今年も行ってきました。
横浜で開催となった 競泳のインカレ!!!
場所は 横浜市都筑区にある 横浜国際プール

初めての会場でしたが、迷うことはなく到着
でも、施設内の駐車場は一般には開放されていなくて、最寄り駅(北山田)周辺のコインパーキングに戻って駐車しました。

大会は 朝の9時からスタートして夜の7時前まで続く長丁場
横浜国際プールは会場も新しく、辰巳に比べて プールと観客席の距離が近いです。
カメラ持参してよかったぁ~

Dsc_0739

午後3時15分から始まった決勝は 女子50M自由形で 日本代表にも選ばれている 日体大 松本選手が敗れるという波乱からスタート
僅差で優勝したのは 中京大の雨宮選手(2年)。
中京大女子チームの優勝に懸ける思いを感じた開幕レースでした。

会場のボルテージを一気に上げたのが続く 男子50M自由形
中大の 塩浦選手が スタートに遅れたものの 猛追して 日本記録タイをたたき出しての優勝!
昨年もコメントしていますが、塩浦選手は 地元 湘南工科大付属高校の卒業生で、立石選手(慶応4年)から始まる同校の黄金時代の一翼を担った選手でもあります。
勝利インタビューでは もちろん ロンドン五輪についても口にしていました。
日本代表に選出される日が待ち遠しいです。

この日の優勝者は 日本代表に選ばれている選手を中心に順当勝ちというところ。

Dsc_0799

男子200M背泳ぎでは 入江選手(近大)が4連覇
2位には 中京大 白井選手(4年)
去年のインカレでは入江選手に肉薄した場面もあった白井選手
今年の世界水泳選考レースでは 本来の泳ぎを出せず悔しい思いをしましたが、このレースでは入江選手にくらいついていました。
大学でのタイトルはなかったけど、是非日本代表入りして頑張ってほしいです。

Dsc_0612

男子100M平泳ぎでは 立石選手が優勝
2位に 筑波大の 若月選手(4年)が 自己ベストの記録で入りました。
こちらも 最後まで隣のレーンの立石選手に良くくらいついていました。
後半の50Mでは 立石選手との距離を縮める快心の泳ぎ
ゴール後も 表彰台でも 本当にうれしそうでした。

日本代表メンバーで 昨年大活躍の中京大富田選手はまだ復調途中なのか 4位に終りました。

初日から大盛り上がりは 400Mリレー
女子は 日体大が アンカー 松本選手が 50M2位の悔しさをぶつける泳ぎで 逆転優勝

男子は 日本記録タイで波にのった塩浦選手を1泳に置いた 中央大の余裕勝ち
連覇を狙う 中京大が2位
そして 驚きといっては失礼ですが 3位に近畿大が入る 大健闘!

Dsc_0691近大の第2泳者は 背泳ぎの入江選手(左写真)
大会前に リレーのために 自由形をしっかり練習していると ”つぶやいて”いたとおり、予選・決勝と順位を上げる泳ぎで チームに勢いをつけました。
最終学年で 主将の今年、400Mリレーに賭ける思いはひときわだったのかもしれません。
200M背泳ぎの決勝が自重気味に思えたのも、あながち 思い違いではないかもしれませんね。
昨年同様 2日目のメドレー、3日目の100Mとタイトなスケジュールに今年は大トリ種目の800Mリレーも泳ぐらしい。
800Mリレー(200Mx4)は 本人いわく 人生最後の800Mリレーとだとか。
400Mリレーで力強い自由形をみせてチーム順位に大きく貢献しましたが、疲労が蓄積さされた 最終日の最終種目でどれだけ泳いでみせるのか これまた楽しみです。

初日が終って 総合ポイントは 

男子 1位 中大、 2位 中京大、 3位 近大
女子 1位 中京大、 2位 日体大、 3位 鹿屋体大

Dsc_0793最終日(3日)も観戦に行く予定です。

昨年のインカレ観戦記

10インカレ競泳@辰巳

10競泳インカレ 最終日

|

« 反省ミーティング0831 | トップページ | 大学リーグスタート »

#競泳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 反省ミーティング0831 | トップページ | 大学リーグスタート »