« 練習試合0923 | トップページ | 復活レース »

2011年9月26日

大学リーグ4週目

大学リーグは4週目に突入。現在戦っている1次リーグは今週と来週の4試合だけ。対戦チームも強くなりますが、チームとしてはここが踏ん張りどころです。

そんな今週の対戦相手はY浜国立大とR教大です。土曜に戦うY浜国立大は現在全敗中の最下位。しかし試合を見ると個人能力の高い選手はおり、油断は出来ません。そして日曜に対戦するR教大はここまで全勝中で首位に立っています。

この様に今週は全敗と全勝と言う、少々力の差が大きい対戦となりますが、1戦1戦勝利を目指して戦うのみです。

最初のY浜国立大との対戦ですが、こちらは試合開始より激しいディフェンスから速攻を出し、積極的に突き放しにかかります。

一方Y浜国立大は離されまいとディフェンスを頑張りますが、我がチームの速攻が次々に決まりワンサイドのゲームの展開になります。

唯一インサイドを頑張るセンター#18のターンシュートが決まりますが、これだけでは状況は変わりません。

後半Y浜国立大は#18のポストプレイ以外にもFW#41の3Pシュートが連続して決まりましたが、最終的にはベンチメンバー全員を使う余裕を見せて我がチームが80-54と快勝しました。

そして翌日のR教大との対戦ですが、動きの固いR教大に対し我がチームは連続してカットからの速攻を決めて試合の主導権を握ります。

しかし少しでもディフェンスとの距離が空くとR教大はFWの#18や#11が確実に3Pを決めてくるのは流石。簡単に勝たせてはくれません。

それにしてもこの試合において我がチームはディフェンスを頑張りました。時折決められる3Pを除いて、相手のインサイドはほぼシャットアウトし、ほとんどオフェンスリバウンドを取らせませんでした。

この集中力が最終的に試合を決め、見事77-63でこの試合に勝利する事が出来ました。

おそらく立教大とは入替戦をかけて2次リーグで再戦することになると思いますが、ここでの勝利は非常に大きいものです。

来週行なわれる1次リーグの残り2試合も上位校との対戦ですので苦戦は避けられませんが、是非今週見せた素晴しい立ち上がりをここでも見せ、勝利を奪って欲しいと思います。

|

« 練習試合0923 | トップページ | 復活レース »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 練習試合0923 | トップページ | 復活レース »