« 陸上全カレ 始まっています | トップページ | シーズン終了、そしてロンドンへ »

2011年9月11日

シュートを決めねば!

秋の新人戦に向けて再始動した中学バスケチーム。

強化に重要な体育館練習は平日は2日使うことが出来ます。

これを2日間だけ?2日間も?というのは考え方次第なのでしょうが…決して利用頻度として多いとは言えません。

そして現在選手達に言っていることは「シュートを確実に決められるようにしなさい!」ということです。

新チームになって2ヶ月が過ぎ、最近ようやく攻守約束事が理解出来る様になりました。

オフェンス面ではリバウンドからの速攻やエンドからのボール運びなどスムーズになり、ディフェンス面でもマンツーマンのリカバリーやプレスの考え方など大分出来る様になりました。

しかしながら、思う様に成長しない技能もあります。それが「シュート」なのです。

さてシュートと言っても色々な技能がありますが、個人的に気になっているのがミドルシュート(ジャンプシュート)です。

これに関しては6月に新チームになってから継続して練習してきました。ボールの持ち方から膝・肘・手首の返し方、シュートに関わるフィンガータッチやボールの回転のさせ方、そしてシュート後のフォロースロー等…

エースである西山はこのシュート練習に対して積極的に取り組んでおり、シュートフォームもかなり綺麗になったと思っていますが、実際の試合では殆どミドルシュートは決まらず、当然表情もすっきりしません。

他メンバーについても同様で、レイアップやゴール下などは少しずつ入るようになりましたがミドルについては全然入らず、3Pシュートについてはもはや他の世界の話です。

しかし決して大型でない我がチームがこの課題から逃げていたら、いつまで経っても試合に勝つことは出来ないでしょう。

9月に入ってからは短い練習ながら積極的にシューティングメニューを導入し、細かな練習を沢山トライさせています。

とりあえず、新人戦までに4メンアウト攻撃でしっかりディフェンスを見て、素早く落ち着いてサイドチェンジをしながら積極的に外角シュートを撃てる様にリードしたいと考えています。

今はリングに届かなかったりシュートが入らなくても、これから体力が付いて練習を継続していけば必ず入るようになると思っています。

今週末に練習試合を組んでいます。そこで積極的に取り組みたいと考えています。

※個人名は変えてあります

|

« 陸上全カレ 始まっています | トップページ | シーズン終了、そしてロンドンへ »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 陸上全カレ 始まっています | トップページ | シーズン終了、そしてロンドンへ »