« 会員カードフィーバー | トップページ | 新人戦2回戦 »

2011年10月31日

2部の試合をスカウティング

11月の入れ替え戦に進むことが決まった大学バスケチーム。

29日はそこで対戦予定の2部リーグH政大の試合を4年生を中心としたエントリーメンバーでスカウティングに行くことにした。

苦しい戦いが続いたリーグ戦。皆の頑張りの成果で3部リーグに優勝したところまでは良かったのだが、その後の練習は集中力が切れてしまったのか良い練習が出来なかった様だ。

しかしここで対戦チームを見ると言うことで次の具体的な目標につながる訳であり、彼らにはその刺激が必要な時だったといえます。

会場ついた私は他チームスタッフ隣り合わせになりながら試合(H政大VSK奈川大)を見た。

2部リーグ最終週までに2勝14敗という厳しい内容のH政大。我がチームも過去全く勝てない時代がありました。頑張って戦っているのですがどうしても勝てない。当然リーグや選手の能力に大きな差はありますが負けるチームの特徴というのは大体似たようなものです。

この試合では高さと能力の高いK奈川大に対し、H政大は2-1-2ゾーンから速攻を出そうとしていましたが、シューターの精度の高いK奈川大はゾーンを気にせず決めてきます。またK奈川大は単純に外角から攻撃しているのではなく、H政大のゾーンディフェンスの間をペネテレイトし、ディフェンスをボールマンに引き付けてからポストもしくは逆サイドのFWでフィニッシュさせていました。

一方速攻からシュートを決めたいH政大ですが、ほとんど単発で45度からのジャンプシュートを外してカウンターを受けるというパターンから脱することが出来ず、なかなかオフェンス時間をコントロールすることが出来ません。

きっと何か練習課題はあったのかと思いますが、カウンターを受けて失点が増えるたびに選手達の粘り強さが無くなって来て、結局また敗退…という悪いパターンに陥る様に見えました。

当然この外角シュートが入る時もありました。そのシュートは素晴らしく綺麗に決まっているのです。これがどんどん決まれば選手達も乗ってきてラリーでも負けない展開になるのでしょう。でもここまでの結果を見る限り、そこまでのゲームコントロールは出来ていないみたいでした。

ただ、これは2部リーグでの試合ではこうなったというだけで、我がチームが戦ってきた3部とは色々な部分でレベルが違うわけです。この日スカウティングに来た選手達がこれを勘違いしなければ良いのですが…

怪我人の状態も気になる我がチーム。是非入れ替え戦までにしっかり調整をして、ベストの状態で入れ替え戦に臨める様にして欲しいです。

|

« 会員カードフィーバー | トップページ | 新人戦2回戦 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 会員カードフィーバー | トップページ | 新人戦2回戦 »