« 今年の紅葉は…… | トップページ | #出雲駅伝最終エントリー »

2011年10月 9日

練習再開1007

中間テストの関係で暫く活動をしていなかった中学バスケチームですが、テストの結果はともあれ7日で一通り終了し、再び活動が出来る様になった。

またこの期間に新人戦のトーナメントが確定し、初戦が23日(日)であることが分かった。

それまでに再び心身鍛えなくてはいけないところですが、やはり試験明けは暴れたい気持ちとは異なり、体が鈍って動かなくなっていました。

特に目立ったのはシュート感覚のズレで、シューティングをしてもエアボール連発で初心者軍団に逆戻り。ため息が出ます。

それでも病人・怪我人がいないことは幸いといえますね。

この日の練習はまず体を起こすこととシュート感覚を元に戻すこと。そして休み前に説明した2-1-2プレスとセットオフェンスの再確認がメインでした。

活動時間は3時間。コートもハーフでの使用で、30人程度が活動するわけですから、順番待ちをしている内に次の練習に切り替わることもあり、選手たちには素早い「切り替え」が要求されます。

この「切り替え」は習慣となりますから、これが遅いと当然試合でも相手に先行されて追いかける展開になることは容易に想像できます。

チーム内の練習では1年生はこの「切り替え」が遅く、2年生よりも人数が少ないのに練習量をこなすことが出来ません。

下級生だから仕方ない…という甘えがあると思うのですが、直ぐに自分達の代になるわけですし、強いチームになるためにも早くそこに気づいて欲しいと思います。

さて、前回の復習となった新メニューのレビューでしたが、やはり2回目(それも間の空いた)では直ぐに動けない様でした。実際に試合で使ってみて手応えを感じられないと難しいかもしれませんが、特にセットオフェンスの内容については普段練習しているシュートメニューの組み合わせなので、ポイントを理解して使いこなして欲しいと思います。

連休の最終日にはオールコートを使った練習が出来ます。そこでスクリメージを通じてまた取り組んでもらいたいと思います。

|

« 今年の紅葉は…… | トップページ | #出雲駅伝最終エントリー »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年の紅葉は…… | トップページ | #出雲駅伝最終エントリー »