« 練習試合1015 | トップページ | 仙石原のススキの原 »

2011年10月18日

2次リーグ連勝!

15日、大学チームは2次リーグの2戦目を迎えた。

対戦相手はE戸川大。前回32点差で突き放された相手である。

さすがに2次リーグとなると選手達は疲労が溜まり、やる気だけでは戦えない状態になってきたが、これは当然相手も同じこと。苦しい状態ですが、ここでE戸川大を倒せば優勝の可能性が少し見えてきます。

試合が始まった。前回は早いタイミングから3Pシュートを次々に決められ差を広げられてしまったが、今回我がチームはマンツーマンの距離を詰め、ディフェンスリバウンドからの速攻で活路を見出し、1ピリを25-19とリードする。

しかし2ピリはお互い攻守頑張りを見せた為かスムーズにシュートが決まらず40-32とゆっくりと試合が進む。

疲労が隠せない両チームであったが、後半に入ると再びこちらが速攻からの得点を加え、更には相手エースが負傷退場というトラブルから完全に波はこちらに傾き、最終スコア82-61と21点差をつけての快勝となった。

2戦目でリベンジ出来たことは良いのだが、得失点差で見たらE戸川大有利な状況で終わってしまった。今後の試合で勝ち星が並んだ場合はこちらが不利になるが、とにかく我々からしたら残る試合を1戦1戦しっかりと戦って勝利することが大事なのだろう。

そして翌日の16日。T京経済大と戦った(2次リーグ3戦目)。

リーグ戦を通じて勝ち数こそ少ないが、上位チームに対して対等に戦い、徐々に調子を上げてきているT京経済大。この日の試合でもミドルシュートや3Pシュートが絶好調で、立ち上がりからズバズバと決めてきます。

こちらもFW#20や#34を中心に得点を重ねますが、くらいつくT京経済大を突き放すことが出来ません。

前半を終了して39-38。1点リードしていますが、粘るT京経済大のシュート力にはまいりました。

しかし苦しい時間で我がチームはリザーブメンバーが頑張りました。確実に1本のリバウンドやミドルシュートを捩じ込んで、3ピリで一気に突き放しをかけることに成功。

続く4ピリでは遂にイケイケの流れとなり、リザーブメンバー全員を投入しながらも最終スコア104-70と快勝して終わることが出来ました。

長いリーグ戦も残すところ2戦のみ。土曜に行なわれるT洋大との試合に7点差以上で勝利したら優勝が大きく見えてきます。

選手達には是非頑張ってもらい、納得のいく結果を出してもらいたいと思います。

|

« 練習試合1015 | トップページ | 仙石原のススキの原 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 練習試合1015 | トップページ | 仙石原のススキの原 »