« 練習再開1007 | トップページ | 2次リーグ初戦 »

2011年10月10日

#出雲駅伝最終エントリー

今日の午後1時05分スタートとなる 出雲駅伝
公式サイト の選手紹介に区間エントリーが発表されています。

まれにみる 1区にエース格の選手が集中して 序盤から目が離せない駅伝となりそうですね。
1年生の駅伝デビューも楽しみです。
特に 1年生ながら 1区を走る村山選手(駒大)、文元選手(明大)、3区の 山本選手(早大)、大六野選手(明大)、最長区間エントリーの佐藤選手(青学大)の健闘が楽しみです。

出雲駅伝は9月下旬のエントリー時に各大学 10名のエントリーがされます。
このエントリーメンバーの中から、大会前日午後3時までに 区間エントリー(6名)と 補員2名が登録されます。
6名+2名なので 10名のうち2名は最終エントリーからはずれたことになります。

区間エントリーはワクワクするものがありますが、今回は特に最終エントリーからはずれてしまった選手が気になりました

各大学、それぞれに 出雲駅伝の位置付けや戦略があるのでしょう。
エントリーから約3週間の間に 選手の状態にも予想とずれることもあることでしょう。
予想以上に調子が上がってきている選手や反対に調子が上がらない選手がいたり、、、
もっとまずいのは故障者がでていたり、、、

東海大は 主力のひとり 元村選手(2年)が最終エントリーからはずれました
昨年のルーキーイヤーに箱根駅伝で好走し、村澤・早川の両エースに次ぐ実力者として今季も順調に活躍してきた元村選手
残念ながら 夏合宿の終盤に故障をしてしまったようです。
主軸の一人ですから、怪我の回復を期待してのエントリーだったのですが、残念ながら今駅伝には間に合わなかったようです。
もうひとり 最終エントリーからはずれた 吉川選手(1年)も故障との噂があります。
この後 全日本駅伝 - 箱根駅伝と続くのですから 無理は禁物、、、ということでしょうが、 駅伝緒戦からの躓き感は残念なところです。

中大のエース 棟方選手が 最終エントリーからはずれたのも 驚きでした。
中大は 今季大きく成長している2年生が4名の区間エントリーで 伸び盛りの印象がありますが、 それでも、1年次から、 主要レースで活躍してきた 棟方選手が補員でもなく はずれたのは、やはり故障の影響でしょうか?
ちょっと心配ですね。

6区間中4区間を1年生が走る 青学大
主力の3年生が充実しているはずなのに、第一次エントリーでも3年生が2名しかエントリーしていなくて 驚きました。
さらに最終エントリーで 3年の大谷選手が はずれました。
駅伝特集の青学大の紹介でも 3年生が好調でやる気満々な気運が窺えていただけに、ちょっと肩透かしな感じですね。
こちらは戦略的な理由???

駒大も 千葉選手が最終エントリーからはずれました。
故障からの復帰が長引いていて、先日記録会に出走した 中村選手(1年)が補員登録されていました。
確かに記録会でも 中村選手が千葉選手に先着していました
こちらは、より好調な選手を登録ということでしょうか。

区間エントリーはされていますが、明大の大エース 鎧坂選手が最短区間の2区を走るのもサプライズでした。
夏の間 大会や海外遠征が続いていましたから、疲労感があるのでしょうかね。
明大も 3名が1年生(1区、3区、5区)とフレッシュな顔ぶれです。

エントリーからはずれた理由をあれこれ想像してみても仕方がないことですが、万が一にも故障気味であるなら、全日本駅伝 (あるいは 箱根駅伝)までに、しっかり直りますように。。。

|

« 練習再開1007 | トップページ | 2次リーグ初戦 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 練習再開1007 | トップページ | 2次リーグ初戦 »