« 中学バスケ都大会観戦 | トップページ | 都3回戦を観戦 »

2011年11月28日

週末練習1126

大学バスケのインカレや中学の都大会をフラフラ見ながらも、自分のチームの強化を考える日が続きます。

年内に強化する内容についてはほぼ固まったのですが、肝心の選手達がやる気にならないと何も始まらないし、その為に日々の地道な練習が必要になってきます。

この日(26日)は久々にオールコートが使える日です。ちゃんとオールコートを使える時にしっかり運動量を上げる練習をしつつ、更に試合で使う技術の習得をしなくてはいけません。

とはいえ初心者から初級者に変わった程度の選手達ですから、まずはオールコートの3メン等でしっかり走りながら、出来る限り強いパスを使ってシュートを決めると言う、非常に地味ながらキツい練習をしたり、オールコートプレスで使う脚を作る為にオールコートでダブルチームを強化する練習をガッツリやったりと、選手達はキツそうではありますが何とか明るくこなしていました。

またシュート練習も色々な種類の練習を短時間ながら繰り返し実戦していますが、2年生については上達している手応えを最近感じることが出来てきました。しかし同じ練習をしている1年生がチャランポランなのか上達の兆しが見えず、ちょっと不安を感じます。

それでも練習最後のスクリメージでは素早いドリブルから2年生からシュートを決めたりと、とりあえず前進していることをアピールしてくれます。

でもセットオフェンスの練習になると相変わらず上手くいかず、途中で何の練習をやっているのか分からなくなるシーンも出てきます。これはもう少しポイントガードのポジションをしている選手が声を出して仕切ってくれたら良いのですが、まだ得点を取れるFWがチームをリードする様な流れになってしまい、結果ゲームコントロールが出来なくなります。

体力トレーニングはやっているので「点の取り合い」が出来るのなら少しはやっても良いのですが、相手を見てどうしたら良いのか判断出来ない頭ではすぐに行き詰まってしまうでしょう。

それと26日の練習にて、最近伸び盛りのGF阿部が薬指付け根付近を怪我して途中リタイヤしました。成長期の選手達は骨が柔らかいのでちょっとした接触で骨折したりしてしまいます。

彼の怪我は病院で確認してもらわないと具体的に判断出来ないのですが、しばらくは派手に動き回る事が出来なくなるかもしれません。

12月の練習では年明け以降の大会で使用する技術や戦略の練習を沢山やる予定です。今は彼の怪我が出来るだけ軽傷であることを祈るだけです。

※個人名は変えてあります

|

« 中学バスケ都大会観戦 | トップページ | 都3回戦を観戦 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中学バスケ都大会観戦 | トップページ | 都3回戦を観戦 »