« テラスモール湘南 内覧会 | トップページ | 激戦!入れ替え戦② »

2011年11月11日

激戦!入れ替え戦①

大学バスケチームは7日、念願の入れ替え戦を戦うことになった。会場は国立代々木第二体育館。もうこれ以上のステージはありません。

この入れ替え戦は2戦戦勝方式となり、初戦に敗退しても次に勝つことが出来れば3戦目まであるのですが、短期決戦ですから初戦に勝利したいところです。

対戦相手は2部10位のH政大。今年は2部での最下位という結果となりましたが、昨年度までは1部に所属しているチームであり、「体力・個人能力・高さ」と全て我がチームを超えたものを持っています。

我がチームが唯一対抗できるのは「スピード」と、ここまで勝ち抜いた「勢い」でしょうか。なんとかこちらの土俵に持ち込んで緒戦に勝利したいところです。

H政大のスタートは#0#6#11#21#27と予想通り。立ち上がりはマンツーマンで守ってきました。

相手のポイントは#11と#27の2枚シューターのチームであり、ここで気持ちよく3Pを決められたくありません。

しかし立ち上がりはマンツーマンからの素早いトランジッションで我がチームが先に波に乗り#34を中心に得点を奪ってはリードする。

対するH政大も#0や#11が決めてきますが、試合の流れはこちらのペースで進む。そこH政大はでリーグ戦でも使っていた2-3ゾーンにディフェンスを変更して流れを止めにきました。

ゾーンディフェンスは想定内でしたので、練習したゾーンオフェンスで#9のジャンプシュートを中心に得点を奪い追いつかせません。

苦しいH政大でしたがここで高さを生かした攻撃で反撃に出る。192cmの#21がローポストからのターンシュートを決め、我がチームの弱点を攻めてきました。

途中からインサイドを攻め込まれた我がチームでしたが、なんとか前半は32-30とリードして終わります。

そして後半も2-3ゾーンで守るH政大。3ピリは一進一退ながら我がチームのシュートが決まったことにより50-45と少し差を広げたのですが、4ピリに入ってからH政大#0が連続してシュートを決めてくるとチームに勢いが戻り始め、エース#11がここぞと決めて試合をひっくり返す。

こちらも#34や#20のシュートで食い下がるが、最終スコア59-61と1ゴール差で大事な初戦を落としてしまった。

4ピリに勝利を意識してしまった我がチームに対し、絶対負けられないという意地を見せたH政大学。両者の実力はほぼイーブンに感じられた試合だったが、こちらはSGの#20が怪我上がりで調子が最後まで上がらなかったのが痛かった。

一方高さの違いを見せつけたH政大のセンター陣。2戦目もガツガツ攻めてくることが考えられますが、是非ボールをもたれる前のポジション取りで負けず、2戦目を戦って欲しいと思います。

|

« テラスモール湘南 内覧会 | トップページ | 激戦!入れ替え戦② »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テラスモール湘南 内覧会 | トップページ | 激戦!入れ替え戦② »