« 白い恋人パーク | トップページ | レトロな建物巡りの札幌観光② »

2011年11月17日

新らしいデジカメで札幌観光①

Cimg0186今朝は関東でもこの冬一番の冷え込みだったし、北海道では雪マークがついているが、先週の札幌滞在中は本当に天候に恵まれた。
地元TVでも 小春日和のお出掛け日と言っていた

今回の旅行は Nikon一眼レフデジカメは持って行かなかった
スポーツ観戦にはシャッタースピードが調節できて 手放せない 一眼レフデジカメだが、とにかく大きい
バックに入れても、首や肩から提げても 存在感ありすぎ
町歩きやおいしいもの巡りでは荷物になってしまう

少し前に セール(型落ち)で買った (コンパクト)デジカメを持参した
お値段 1万円以下
笑っちゃうくらい 軽いし小さい、
それでいて 画素数 1210万画素、3倍光学ズーム、ファイルサイズは12M(4000*3000)まで対応している
デジカメも本当に安くなりましたよねぇ~

Cimg0350ということで、札幌観光で撮影した写真たち

このカメラには撮った写真を2枚・3枚にまとめるレイアウト機能がついていて、ブログに複数写真を載せたい私には便利な機能

大通り公園も紅葉が見頃だった
紅葉している木を変えての テレビ塔をさらに2枚 

ブログの制約上 写真のファイルサイズを小さくしていますが、天候に恵まれたこともあって、どの写真も予想以上に綺麗に撮れました。

Cimg0190

札幌観光ではずせない 札幌時計台
撮影スポットがあることをご存知ですか?

ひとつは 敷地内に人物を入れて撮影するスポットがあります。
右写真に 丁度人物が入れるよう お立ち台があります
もうひとつは 道路を挟んだ向かいにあるMNビルの2階テラス
こちらは 時計台全体を撮影できるスポットです。

今回は 中の展示室も見学(入場料200円)
札幌農学校の歴史が紹介されています

感激だったのは 農学校の生徒だった 新渡辺稲造のノート(複写)
Cimg0195

筆跡が お手本のように美しい

時計台の時計の仕組みも紹介されています
おもりの下がる力(重力)を使って動いている時計ですが、今も週2回 そのおもりを巻き上げているというからこちらも 驚きです。Cimg0189

 (その②に続く)

|

« 白い恋人パーク | トップページ | レトロな建物巡りの札幌観光② »

その他のあしあと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白い恋人パーク | トップページ | レトロな建物巡りの札幌観光② »